LUMINTOP GLOW I / OSRAM GW – USB Rechargeable mini EDC flashlight

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Hatena
  • instagram
  • YouTube

LUMINTOP GLOW I / OSRAM LED - USB Rechargeable mini EDC flashlight : review
Lumintop社のツイスト式小型キーライトと言えば Lumintop Pico を思い浮かべる方が多いと思いますが、今回ご紹介するのは、その Pico の姉妹機とも呼べる小型ライトの GLOW I です。(※メーカー表記はローマ数字の【Ⅰ】となっていますが、本稿ではアラビア数字の【1】で GLOW 1 と表記します)

詳細については追々ご紹介していきますが、正直、初見では Pico と大差が無いように見えて物欲指数もそれほど上昇しませんでした。

・・・が、仕様を見ているうちに「これは面白そうだ♪」となりまして…(^^;

Pico は、同型のライトを複数所有していたのでスキップしたのですが、GLOW 1 の実機を手にした印象は既存の Pico とは似て非なる…と申しますか、コレまでには無かったツイスト式小型キーライトだな…と感じました。

Pico との直接比較もしておらず、本日現在、日本のAmazonや楽天の公式ストアで販売されてはいませんが Lumintop GLOW 1 のレポをさせていただきます。

※下記 Lumintop 公式ショップからは購入が可能となっています。

製品HP

LUMINTOP Official SNS

関連記事

パッケージ

LUMINTOP GLOW 1 / pack.LUMINTOP GLOW 1 / pack.LUMINTOP GLOW 1 / pack.
LUMINTOP GLOW 1 / pack.LUMINTOP GLOW 1 / pack. 
パッケージはクラフト紙製のハードBOXです。

GLOW 1 本体の他に、多言語マニュアル(※日本語サポート)、USBケーブル、予備Oリング(大小各1)、キーリング、ナスカンが付属します。

仕様/サイズ

LUMINTOP GLOW 1 / spec.LUMINTOP GLOW 1 / spec.LUMINTOP GLOW 1 / spec.
LUMINTOP GLOW 1 / sizeLUMINTOP GLOW 1 / sizeLUMINTOP GLOW 1 / weight 
本体サイズは、47.4×14.5×12.1mm (※カタログ値)
ヘッド先端径が若干太くなっていますが同タイプの他製品とほぼ同じサイズに納まっています。

測定重量が公称重量の 16.1g より重くなっていますが測定誤差ということで…(^^;

ボディ

LUMINTOP GLOW 1 / bodyLUMINTOP GLOW 1 / body
LUMINTOP GLOW 1 / bodyLUMINTOP GLOW 1 / body 
仕上げはHA-Ⅲのツヤ消しブラック。
Pico には三種類のカラーバリエーションが用意されていますが、今の処 GLOW 1 はブラック色のみとなっています。

滑り止めのローレットは Pico と同様にスクエアグリッドに加工されていますが開口部の関係でボディ部分のローレット面積は少なくなっています。

ただ、実際にON/OFF操作してみると、指が触れる部分にちゃんとローレットが刻まれているのでローレット面積が少なくても著しく操作性が低下するような事はありません。

ヘッド部分を除けば一般的なツイスト式小型キーライトと同じようなサイズ・形状・デザインで GLOW 1 も『ツイスト式』ではありますが、ヘッドとボディが完全に別パーツの2ピース構造ではなくLEDと制御基板が実装された外殻に電池室が挿し込まれるようなシリンダー構造になっています。

銀色のリングは装飾目的だけではなく GLOW 1 をシリンダー構造とするためのパーツの一部で抜け止め(ストッパー)としての役割を担っているようです。

外観上のその他の特徴としては、ロゴプリントの反対側に充電用の開口部が設けられています。(※詳細後述)

ヘッド

LUMINTOP GLOW 1 / head
LUMINTOP GLOW 1 / headLUMINTOP GLOW 1 / head
LUMINTOP GLOW 1 / headLUMINTOP GLOW 1 / head 
GLOW 1 で最も特徴的なのがヘッド先端に取り付けられた蓄光パーツかと思います。

実機を手にするまではシリコン製の蓄光リングが装着されているのかと想像していましたが、この蓄光パーツは Tool AA 2.0 等に付属する“ぷよぷよシリコンディフューザー”のような後付けパーツではなく、GLOW 1 の主要構成パーツでレンズホルダーの役割を果たしているので蓄光部分だけを脱着して使用する事はできません

『蓄光ベゼル』という表現は適切でないかもしれませんがパーツ全体が蓄光樹脂で一体成形されているワケではありません。

内側は透明な硬質樹脂で外周部が蓄光樹脂の二層構造で点灯させると同時にライトの光が透過してヘッド部分が蓄光する…というカラクリです。

蓄光樹脂部は FW3A のオプションパーツとして販売されている GLOW GASKET と同じ素材だと思います。

付属予備Oリングの【大】は蓄光ヘッド内部側の予備リングになります。

蓄光ヘッド(GITD head)

LUMINTOP GLOW 1 / GITD head
LUMINTOP GLOW 1 / GITD headLUMINTOP GLOW 1 / GITD head
LUMINTOP GLOW 1 / GITD headLUMINTOP GLOW 1 / GITD head 
蓄光反応の持続時間については特段に長時間持続するワケでもなく平均的な持続時間だと思います。

また、他の蓄光材と同様に GLOW 1 の点灯時間と蓄光の持続時間は比例するので長時間点灯すると蓄光の持続時間も伸びます。

これまでもヘッド先端部分のOリングが蓄光になっていて消灯後も仄かに光る製品は多くありましたが、蓄光面積がOリングの比ではないので短時間点灯しただけでもバッキバキに光ってくれます。

消灯直後であれば蓄光の光だけで腕時計の文字盤が読めるほどで、なるほど【 GLOW 1 】ってのは本機のネーミングにピッタリだと思いました。

ただ、この蓄光ヘッドは硬質樹脂とはいえあくまで“樹脂製”なので、他の金属製ガジェットと一緒にラフにポケットキャリーすると傷付いたり、削れたり、割れたりする可能性はゼロでは無く、蓄光部表面はザラザラとしているので汚れも付着しそうです。

まだ使用時間が短く現時点で蓄光ヘッドの耐久性については何とも言えないのですが、実際にEDCしてみて結果を追加レポしたいと思います。

LED

LUMINTOP GLOW 1 / headLUMINTOP GLOW 1 / headLUMINTOP GLOW 1 / head 
GLOW 1 の搭載LEDについては OSRAM としかアナウンスされていませんが、Pico のエミッターが OSRAM GW PUSRA1 であり GLOW 1 のLEDについて目視できる範囲(セラミック基盤、ダイサイズ、色温度など)と出力値から Pico と同じ OSLAM OSCONIQ P 3737 (2W version) GW PUSRA1 が採用されているとかと推測…。(確証はありません!(`・ω・´) キリッ

◆参考:OSRAM Product Portfolio – https://www.osram.com/os/products/index.jsp

OSCONIQ® P 3737 (2W), GW PUSRA1.EM
OSCONIQ® P 3737 (2W), GW PUSRA1.PM

※OSCONIQ P 3737 (2W) には、GW PUSRA1.EM と GW PUSRA1.PM がありますが、前者の場合の色温度は最高で 5700K になるようです。

リア/テール

LUMINTOP GLOW 1 / tail
LUMINTOP GLOW 1 / tailLUMINTOP GLOW 1 / tail
LUMINTOP GLOW 1 / tail
テールエンドの形状は、幅広のキーリングや太めのランヤードも取付けられるように大きめのループになっています。

テールエンドがフラット形状ではないので、このままではテールスタンドが出来ませんが・・・

マグネット・テール

LUMINTOP GLOW 1 / magnetic tailLUMINTOP GLOW 1 / magnetic tail
LUMINTOP GLOW 1 / magnetic tailLUMINTOP GLOW 1 / magnetic tailLUMINTOP GLOW 1 / magnetic tail
LUMINTOP GLOW 1 / magnetic tailLUMINTOP GLOW 1 / magnetic tail 
GLOW 1 のテールキャップ部分は磁石で吸着・固定されていて、キャップを外すと点灯させたまま鉄部に貼付ることが可能になっています。

組み込まれている磁石の面積が小さいこともあり磁力(吸着力)はそれほど強くないのですが、軽く引っ張った程度ではキャップは外れません。ポケットの中で意図せずキャップが外れてしまう可能性はゼロではありませんが『しょっちゅう外れて困る…』ということも少ないでしょう。

また、リアキャップを取り付けた状態だと磁力も弱くなるので、GLOW 1 自体が鍵束や他のガジェットに貼り付いてしまいストレスを感じる事もありません。

磁石自体を外す事はできません…ってか、磁石が無いとテールキャップを固定できないので、その場合は磁石無しの Pico がお薦めです。

本体側とテールキャップ側の各々に小さな凹凸部が2箇所設けられていますがテールキャップを元に戻す(取り付ける)際は双方の凹凸部が噛み合うようにします。

凹凸が噛み合っていないとキャップが空転してON/OFF操作も出来ないのですが、噛み合うまでキャップを空転させると『カチッ』と音がして正しい位置に納まってくれます。

カテゴリー: EDC, LUMINTOP, キーライト, フラッシュライト   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメント投稿