WUBEN E19 / Nichia 219C – 2AAA Hi-CRI Penlight

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Hatena
  • instagram
  • YouTube

WUBEN E19 / Nichia 219C - 2AAA Hi-CRI Penlight : review
いつも親しみと尊敬(?)を込めて WUBEN の事を“ウーベンさん”と呼んでおりますが、本当はワォウベンって感じの発音なんでしょうか?

個性的なデザインの製品が多い印象のメーカーですが、L50のような正統派(?)の製品や10180仕様のミニライトの先駆け的なメーカーでもあります。

今回ご紹介する WUBEN E19 は、どちらかと言えば個性的な外観デザインであり、好みが別れるトコロかとも思いますが、自分はそのデザインに惹かれて購入しました。

この WUBEN E19 と普段使用している ThruNite Ti4T では使用感(特にスイッチの操作感)が随分と異なり、最初は使用感の違いに戸惑いましたが1週間ほど使い続けると慣れました。

結論から言って、E19の外観デザインそのものは使用感にさほど影響がなく、サイズも含めた形状、スイッチ・ストロークなどが使用感に大きく関係しているので、その辺りも含めてレポしたいと思います。

※E19のマニュアルは、WUBEN社の製品HPにてPDFファイルが公開されておりダウンロードが可能です。

E19 マニュアル(英中文版) – wubenlight.com
E19 マニュアル(日本語版) – wuben.co.jp

製品HP

WUBEN Official SNS

関連記事

パッケージ

WUBEN E19/ pack.WUBEN E19/ pack.
WUBEN E19/ pack.WUBEN E19/ pack.
WUBEN E19/ pack.WUBEN E19/ pack.
WUBEN E19/ pack.WUBEN E19/ pack.
PET素材のBOX入りで中箱は二段重ねになっています。

内容物は E19本体、多言語マニュアル(日本語サポート)、予備Oリング、検品証で、2本の単四形アルカリ乾電池は本体に装填された状態で出荷されます。

付属の乾電池を使用する場合は絶縁材を取り除いてから使用してください。

仕様/サイズ

WUBEN E19/ spec.
WUBEN E19/ sizeWUBEN E19/ size 
2AAA仕様のペンライトとしては若干ロングサイズで全長:140mmとなっていて、実際に比較しても頭(お尻?)ひとつ分長くなっています。

一見すると細身に見えますが、軸径は12.5mm(※実測値)なのでTi4やIYP365の最少径と大差ありません。

WUBEN E19/ weightWUBEN E19/ weight + 2AAAWUBEN E19/ weight + 2AAA 
例によって使用する電池により装備重量は変化します。

本体

WUBEN E19/ body
WUBEN E19/ bodyWUBEN E19/ body
WUBEN E19/ bodyWUBEN E19/ body 
ピッチの粗い菱目ローレットがボディの半分に刻まれていて、これがE19の一番の特徴です。

メーカーHPの商品画像からは荒々しい印象を受けましたが、ツヤ消しブラック塗装と彫りの浅いローレットの影響なのか、実機を手にしてみると思ったより大人しい感じでした。

半身ローレットにより、逆手で握った時とペン持ちした時の感触が異なるのが面白いです。

WUBEN E19/ clipWUBEN E19/ clip 
クリップは焼付塗装のハメ込み式で脱着が可能です。

材の厚みは薄いのですがクリップの保持力は充分です。

ただ、E19のクリップも他のペンライト同様に組み付け式にして欲しかったです。現状でも簡単にズレたり動いたりはしませんが、後付け感が高級感を損なっているとも思うので一考して頂けたらと…。

ヘッド/LED

WUBEN E19/ head
WUBEN E19/ LEDWUBEN E19/ LEDWUBEN E19/ head
WUBEN E19/ headWUBEN E19/ head 
光学は、高演色(CRI≧90)の Nichia 219C にミラーリフの組み合わせです。

ペンライトはOPリフの製品が多く、E19のようなミラーリフを採用している機種は少ないのですが、配光に大きな変化はありません。

ちなみにE19のヘッドパーツは固着されているので外せません。

スイッチ

WUBEN E19/ switchWUBEN E19/ switch 
E19のスイッチは機械式のリバースクリック・スイッチで間欠点灯は不可。

スイッチの素材は樹脂製(だと思う…)でスイッチトップに『W』の文字が刻まれています。

抵抗感が少なく軽めの操作感です。
ストロークの遊びは多めで体感で2~3mm程度あります。

他のペンライトのスイッチは遊びが少なく重めの操作感なので、半押ししたつもりなのに全押し…という感じで、E19のスイッチに慣れるまでに時間が必要でした。

逆に軽めの操作感が好みであればE19のスイッチを操作しやすいと感じるかもしれません。

WUBEN E19/ switchWUBEN E19/ switchWUBEN E19/ switch 
ネジ部は普通の山ネジですが、ネジ山処理はされています。
無塗装なのでリアを緩めてのロックアウトは出来ませんが、リアスイッチのライトなので問題無いかと思います。

電池

WUBEN E19/ battery
WUBEN E19/ batteryWUBEN E19/ battery 
対応電池は単四形の1.5Vの乾電池(一次電池)、1.2VのNi-MH充電池が使用可能です。

前述の通り、E19のヘッドは固定されているので電池はリア側から装填します。

カテゴリー: EDC, WUBEN, フラッシュライト   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメント投稿