TrustFire MC1 / CREE XP-L Hi (CW) – Rechargeable EDC Flashlight

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Hatena
  • instagram
  • YouTube

TrustFire MC1 / CREE XP-L Hi (CW) - Rechargeable EDC Flashlight : review
初見で『似ているなぁ…』と、某ライトを思い浮かべたのは私だけではないと思います。(^^;

似ている(似せている)製品が存在すると、どうしても比較したくなるのですが、元ネタ(?)を凌駕する性能・クオリティを有していなければ、得てして厳しい評価になる事はメーカーも充分認識しているハズなので中身についても期待してしまいます。

実際にMC1を使ってみて感じたのは、EDCライトとしての使い辛さは残っているものの、MC1全体の完成度については高く、ビギナーのみならずマニアにも受け入れてもらえそうなトコロまであと一歩…という感じです。

抽象的な表現ですが、TrustFire 自体が従来のポジションからの“脱却”を試みているようにも感じられました。

そんなMC1はどんな製品なのか…? じっくりと見ていきたいと思います。

※TrustFire MC1のPDFマニュアルは、製品HPにてダウンロードが可能です。

TrustFire MC1 マニュアル(多言語版)

製品HP

TrustFire Official SNS

関連記事

パッケージ

TrustFire MC1 / pack.TrustFire MC1 / pack. 
他のTrustFire製品と同じくシュリンク包装された紙製化粧箱入り。

TrustFire MC1 / pack.TrustFire MC1 / pack.TrustFire MC1 / pack. 
裏面には主要諸元が記載されています。

TrustFire MC1 / pack.TrustFire MC1 / pack.TrustFire MC1 / pack. 
内部の二段トレイにはMC1本体以外の付属品が収納されています。

TrustFire MC1 / pack.TrustFire MC1 / pack.
内容物は MC1本体、多言語マニュアル(日本語サポート)、予備Oリング、ストラップ、充電ケーブルの他にTrustFire製の16340 Li-ion充電池が付属しています。

本体に内蔵の16340 Li-ion充電池はシュリンク包装された状態で出荷されるので使用前に包装を剥がしてください。

仕様/サイズ

TrustFire MC1 / spec.
TrustFire MC1 / sizeTrustFire MC1 / size 
MC1のサイズは、カタログ値で全長:56mm、外径:20mm、重量:44.5gですが、外径:20mmはヘッド先端径であり、一番太い部分は放熱フィンの部分で約22.5mmほどあります。

MC1と同じくサイドスイッチのみを搭載した機種と比較しても、かなり小型化された製品であることがお判りいただけるかと思います。(※ FOLOMOV EDC C2は14300仕様です)

TrustFire MC1 / sizeTrustFire MC1 / size 
重量は電池込みでも約45gと非常に軽量です。

本体

TrustFire MC1 / bodyTrustFire MC1 / body
TrustFire MC1 / bodyTrustFire MC1 / body 
どこか某社の製品に良く似てる…気もしますが、後述する充電機構も含めてボディ全体の凹凸など SKILHUNT M150 にも近いかなぁ…と。

TrustFire MC1 / body
見ての通り、スクェアグリッドのパターンはピッチがかなり細かく刻まれていますが、欠けや不等部は皆無で非常に綺麗に加工されています。

TrustFire MC1 / clipTrustFire MC1 / clipTrustFire MC1 / clip 
Z型クリップはクリップは焼付塗装のハメ込み式で脱着が可能です。

画像では充電端子(アタッチ部)に干渉しないように取付られていますが、ハメ込み式なので自由にズラせます。クリップ自体が細身なのでクリップのバネ力は少し柔らかめです。簡単に曲がったり外れるてしまうほどヤワではありませんが、もう少し強めだとより安心かと思います。

ヘッド

TrustFire MC1 / head
TrustFire MC1 / LEDTrustFire MC1 / LED 
光学はLEDがCREE XP-L Hi、中央集光型のTIRレンズではなくフレネルタイプのレンズを採用しています。

フレネルレンズの特徴・効果・歴史などについては下記のサイトが参考になると思います。

フレネルレンズの利点
灯台の光はなぜ遠くまで届くのか〜時代を変えたフレネルレンズの軌跡
 

TrustFire MC1 / fresnel-lensTrustFire MC1 / fresnel-lens 
外部に露出する部分は完全にフラットですが、レンズの傷防止となるフィルターの有無については分解できてないので不明です。

フレネルレンズを採用したフラッシュライトとしては、SUREFIRE M3LT や M6LT が思い浮かびますが、MC1のように口径が小さく同心円上の溝数(凹凸)が少ないと集光効果も限定的です。

しかしながら一般的なTIRでもレンズ自体の奥行きが必要となるので、ライトを小型しつつ集光効果を得たい場合にはレンズの厚みを抑えられるフレネルレンズが最適解と言えるかもしれません。

※実際の配光については後半の照射画像をご覧下さい。

TrustFire MC1 / head
ヘッド部分の放熱フィンも綺麗に加工されています。

同サイズ(同カテゴリー)の製品でココまで放熱フィンが刻まれているのは珍しいのですが、このサイズのライトで最大出力が1000ルーメンともなるとヘッドが熱々になるので、単なるデザイン上のアクセントに留まらないかとも思います。

スイッチ

TrustFire MC1 / switchTrustFire MC1 / switch 
スイッチは他のサイドスイッチと同様にタクトタイプのスイッチです。

※『タクトスイッチ』という表現が判り辛い…とのご指摘を頂いたのですが、電子式スイッチと表現すると圧電素子を用いたスイッチと誤解されるかもしれないので、当ブログでは電子部品の呼称として一般的な『タクトスイッチ』をそのまま使用しています。

MC1のスイッチはタクトタイプのスイッチとしては遊びが多めで意識してスイッチ操作を行う必要があります。逆に誤点灯防止のロックアウト設定も可能ですが、ストロークが長く接点位置が深いので誤点灯はし辛いかと思います。

TrustFire MC1 / battery indicator
TrustFire MC1 / battery indicatorTrustFire MC1 / battery indicator 
スイッチ素材は硬質素材で中央に電池残量のインジケーターを備えています。

残量インジケーターは、消灯時にライトのロックアウト設定がなされていない状態でスイッチを1回押すとインジケーターが点灯します。※ロックアウト設定されているとインジケーターは点灯しません。

テール

TrustFire MC1 / tail
テールエンドはフラットでストラップホールも備えています。

TrustFire MC1 / tailTrustFire MC1 / tailTrustFire MC1 / tail 
リアキャップの内側にマグネットが仕込まれていますがユーザーの手で脱着が可能です。

スイッチ操作でロックアウト設定も可能ですがリアを緩めて通電を完全にカットする事も可能です。物理的に通電をカットできるので長期間使用しない場合は待機電流の消費もゼロにできます。

電池

TrustFire MC1 / batteryTrustFire MC1 / battery 
付属の16340はTrustFire純正のIMR16340です。

TrustFire MC1 / batteryTrustFire MC1 / battery 
ボタントップ型の16340で、プロテクト回路無しのIMR16340と比較してサイズ(全長)が大きくなっており、恐らくプロテクト付きのIMRと思われます。

TrustFire MC1 / batteryTrustFire MC1 / battery
TrustFire MC1 / batteryTrustFire MC1 / battery 
MC1は一次電池のCR123Aとボタントップ型のIMR16340に対応しており、フラットトップ型16340電池は使用不可となります。

当然、一次電池のCR123Aには充電できないので誤充電には充分注意してください。

充電

TrustFire MC1 / chargeTrustFire MC1 / charge 
MC1の一番の目玉機能(?)が充電機構かと思いますが、MC1はアタッチ式(パッド式)充電機構を備えています。

充電は付属の専用ケーブル(全長約45cm)を使い、PCやモバイルバッテリーなど、DC:5V出力のUSBポートから充電します。

TrustFire MC1 / chargeTrustFire MC1 / chargeTrustFire MC1 / charge 
充電部の形状こそ異なりますが、基本構造はO社のパッド式充電と同じく、パッドと本体部分に【+】と【-】の電極が存在し、双方がマグネットで吸着固定される仕組みです。(※MC1はセンターが+極)

画像では判りづらいのですが、ライト側のセンター部分(+極)はコンマ数ミリほど周囲の接点(-極)よりも突出しています。

パッド側のセンター部分は、ライトとパッドの電極部分が確実に接触するようにスプリングが内蔵されていて指で押すと僅かに動きます。

ちょっとイジワルして双方の+/-がズレるように接触させようと試みましたが、常に正しい位置に吸着されるので、余程の事がない限り充電に失敗する事は無さそうです。

TrustFire MC1 / indicatorTrustFire MC1 / indicatorTrustFire MC1 / indicator 
充電中はパッド側のインジケーターが【赤】、充電完了時には【緑】で点灯しますが、正確には充電中は【赤】と【緑】で交互に点灯します。電池の充電量が少ない場合は短い間隔で交互に点灯し、満充電状態に近づくほど点滅間隔が長くなります。

カテゴリー: EDC, TrustFire, フラッシュライト   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメント投稿