LUMINTOP FW1A Pro / CREE XHP50.2 (CW)

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Hatena
  • instagram
  • YouTube
LUMINTOP FW1A Pro / CREE XHP50.2 (CW) : flashlight review

複眼・高出力のFW3A、単眼・飛び系のFW1A、単眼・高出力のFW1A Pro、姉妹機種として同じ Andúril-UI の EDC18 や FW21、更にはFW3Aのカラーや素材(アルミ、銅、チタン)のバリエーションなどなど、昨年後半から FW関連の製品が一気にリリースされました。

今回ご紹介する Lumintop BLF/TLF FW1A Pro はその中のひとつになりますが、10ワット級LEDを搭載した FW1A の XHP50.2 搭載モデルが FW1A Proになります。

なんだか高出力化した新製品に【Pro】と名付けるのが最近の業界トレンドみたいですが、前回の TOOL AA 2.0 Ti と一緒に昨年末ポチッた FW1A Pro のレビューをお届けします。(※他にもう1本ある…)

FW1A と FW3A との大きな相違点は、複眼から単眼、TIRがリフレクターとなり、全長と重量が僅かに増加しただけ…ではありますが、XHP50.2搭載で高出力化した【Pro】の発熱(放熱)具合はどんな感じなのか?…レポートしたいと思います。

先行リリースされた FW3A と共通点が多く、操作方法も同じなので、よろしければFW3Aの過去記事もご覧ください♪(^^ゞ

製品HP

※本日現在、Lumintop社の公式HPに FW1A Pro は掲載されていません。(FW1Aは掲載)
※2つの直販サイトのうち、FW1A Pro が購入可能なのは lumintoplighting.com のみとなっています。

LUMINTOP Official SNS

関連記事

参考リンク

*********************************************
【重要】
FW3A と同じく、FW1A Pro も使用前に温度センサーのチェックと校正を行ってください。
温度チェック、校正とも操作手順は FW3A と同じです。

ちなみに室内温度が12℃の環境にて(寒っ!)、センサー検温を行ったところ21℃と検出されました。低温下でもセンサーによる本体温度のチェックと校正は可能ですが、短時間の点灯や体温でも本体温度の上昇を招きやすいので注意してください。

LUMINTOP FW3A / Andúril-UI How to Thermal Cfg – YouTube

パッケージ

LUMINTOP FW1A Pro & FW3A / pack.
LUMINTOP FW1A Pro / pack.
LUMINTOP FW1A Pro / pack.

FW3A とほぼ同じサイズのクラフト紙ベースのパッケージです。

LUMINTOP FW1A Pro / pack.
LUMINTOP FW1A Pro / pack.
LUMINTOP FW1A Pro / pack.

製品内容は、FW1A Pro本体、予備Oリング、英独マニュアル、電池交換方法となっています。

仕様/サイズ

LUMINTOP FW1A Pro / spec.
LUMINTOP FW1A Pro / spec.
LUMINTOP FW1A Pro / spec.
LUMINTOP FW1A Pro / spec.

※画像は Lumintop Online Direct Store HPより転載

LUMINTOP FW1A Pro / size
LUMINTOP FW1A Pro / size

全長:101.1mm なので FW3A と比較すると約9mm長くなりますが、ヘッド径は25.5mmと同じです。

LUMINTOP FW1A Pro / weight
LUMINTOP FW1A Pro / weight
LUMINTOP FW3A / weight

電池込みの装備重量は100gを少し超えるぐらいですが、FW3Aとの本体重量差は7gしかありません。

3灯のLEDを搭載した FW3A もそうですが、XHP50.2 を搭載した FW1A Pro も18650仕様のライトとしては小型・軽量の部類です。

やはりというか、本体重量が軽いので放熱・蓄熱の限界点は低く、瞬間アツアツな部類の製品です。

ボディ

LUMINTOP FW1A Pro / body
LUMINTOP FW1A Pro / body
LUMINTOP FW1A Pro / body

FWシリーズ共通のフォルム、デザインで、メーカーロゴやモデル名のプリントのないシンプルな外観です。(※フル・ステンレスモデルはヘッド部分のローレットが無くなっています)

FW3A は複数のカラバリ、素材がラインナップされていますが、今のところ FW1A Pro はアルミのグレー色のみとなっています。

LUMINTOP FW1A Pro / FW3A
LUMINTOP FW1A Pro / FW3A

個体差の可能性もありますが、同じグレー色でも FW1A Pro のほうが少し色が濃く(暗く)なっています。(※TOOL AA 2.0 のグレー色に寄せたのかも?)

LUMINTOP FW1A Pro / clip
LUMINTOP FW1A Pro / clip
LUMINTOP FW1A Pro / clip

クリップは、FW3A と同じくハメ込み式ではなく、リング部分を本体にセットするタイプです。

素材はステンレスで形状も材の厚みにも変更はありませんが、黒の焼付塗装ではなくステンレス素地のままになっています。FW3A の初期ロットはブラック色でしたが、現行のFW3Aもすべてステンレス素地に変わっているようです。

FW1A/1A Pro にもランヤードホールは無いのでストラップやランヤードを装着する際はクリップに引っ掛ける事になります。

ヘッド

LUMINTOP FW1A Pro / head
LUMINTOP FW1A Pro / head
LUMINTOP FW1A Pro / LED
LUMINTOP FW1A Pro / LED

FW3Aの3眼+TIRに対して FW1A/FW1A Pro は単眼+リフレクター仕様となっています。

FW1A Pro は CREE XHP50.2 、FW1A は XP-L Hi、もしくは SST-20 ですが、OP仕様のリフレクターとガラスフィルターのARコートは FW1A/FW1A Pro とも共通です。

LUMINTOP FW1A Pro / head
LUMINTOP FW1A Pro / head

TIRとリフレクターの違いによりベゼルパーツのサイズ(長さ)も異なっています。

LUMINTOP FW1A Pro / head
LUMINTOP FW1A Pro / head

FW3A と同じく簡単に分解できるので、別売りのステンレスベゼルとの交換も容易です。(※詳細後述)

3V駆動のXHP50.2なので10W級LEDとの交換も手軽に…と言いたいところですが、LED基盤の直径が20mm以下で、厚みも既存の物と合わせないとリフレクターやガラスフィルターの部分にガタが出てしまいそうです。

LUMINTOP FW1A Pro / head
LUMINTOP FW1A Pro / head
LUMINTOP FW1A Pro / head

ヘッド側から電池交換する仕様は、FWシリーズ共通でネジ部も角ネジ加工されています。

グリップパーツの構造もFWシリーズ共通で二重パイプ構造になっています。内側のチューブがスイッチにつながる信号線で、外側のチューブがGND(-)になります。

FWシリーズはスイッチ操作によるロックアウトが可能ですが、微少ながら待機電流を必要とするので、長時間使用しない場合は、充分にヘッドを緩めて物理的に通電をカットするか、電池を抜いておく事をお勧めします。

テール/スイッチ

LUMINTOP FW1A Pro / switch
LUMINTOP FW1A Pro / switch

スイッチ機構は、FW3Aと同じタクトタイプのスイッチで、各パーツの素材、デザインについても大きな変更はありません。スイッチトップがテール外周よりも飛び出していないのでテールスタンドも可能となっています。

ぶっちゃけ FW3A と FW1A/FW1A Pro との違いはヘッドユニットの部分だけであり、スイッチも含めてグリップ部分のサイズ・構造は両機種とも同じです。

スイッチ部分の分解については FW3A の記事をご覧下さい。

尚、標準クリップを外して別売りのランヤードリングを取り付けるにはスイッチ部分を分解する必要があります。(※詳細後述)

電池

LUMINTOP FW1A Pro / battery

グリップパーツが共通化されているので使用可能な電池もFW3Aと同じです。全長:66mm以下で10A以上の放電性能を有するIMR 18650 が唯一の選択肢になります。

18350・18500用のショートボディを使用した場合もプロテクト回路付きの電池はNGと予想されます。

カテゴリー: BLF, EDC, LUMINTOP, フラッシュライト タグ: , , , , パーマリンク

コメント投稿