MANKER MK39 RANGER (CW) / XHP35-Hi + XP-G3 [x8]

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Hatena
  • instagram
  • YouTube
MANKER MK39 RANGER (CW) / XHP35-Hi + 8*XP-G3 : flashlight review

拡散系(Flood)か、それとも飛び系(Throw)か・・・今日はどちらのライトを持って行こうか?ヽ(´ー`)ノ

迷った事があるのは私だけでは無いと思います。

異なる配光のライトを2本、或いは複数本持って出掛けるとか、ズーム式を1本だけ…など、想定用途に合わせて複数の選択肢&解決策(?)があるとは思いますが、

両方合体させればイイんじゃね?

・・・という発想から生まれた(と、思われる?)のが、今回ご紹介する MANKER MK39 RANGER です。

MK39 の詳細については、追々ご紹介していきますが、飛び系部分にはXHP35-Hiを1灯、拡散系部分は8灯のXP-G3で構成されており、最大で6,000ルーメンの照射能力を備えています。

また、XHP35-Hiのみ、XP-G3のみ、XHP35-HiとXP-G3の両方…という具合に、状況に合わせた柔軟な使い方が可能となっているのもMK39のウリかと思います。

しかしながら、フラッシュライトというツールは、実際に使ってみないと判らない部分が多く、カタログスペックだけで優劣を判断できないツールの代表格でもあるので、果たして【合体=便利】となっているのか?・・・じっくりと見ていきたいと思います。
 

■製品HP
Manker Flashlight Official HP
Manker MK39 Ranger 6000 Lumens – mankerlight.com
MANKER MK39 RANGER (CW) – amazon.co.jp
 

■関連記事
MANKER U22 / CREE XHP35-Hi (NW) with 21700 battery model – roomX.jp
MANKER MK34 / CREE XP-G3 [x12] / IMR 2600mAh kit – roomX.jp

 

パッケージ

MANKER MK39 RANGER (CW) / pack.
MANKER MK39 RANGER (CW) / pack.
MANKER MK39 RANGER (CW) / pack.
MANKER MK39 RANGER (CW) / pack.

クラフト紙ベースのしっかりとしたパッケージです。

箱の取手を基準にすると表面のイラストが逆さまのような気がしますが、開ける方向を基準にするとコレで良いような・・・。

直接、性能に関係する要素ではないのですが、撮影時に気が付いたモノで・・・(^^;

MANKER MK39 RANGER (CW) / pack.
MANKER MK39 RANGER (CW) / pack.

内容物は、MK39本体、予備Oリングx1、ショルダースリング、英中マニュアルとなっています。

仕様

MANKER MK39 RANGER (CW) / spec.
MANKER MK39 RANGER (CW) / spec.

・最大光束値:6,000 Lm(2000/4000 Lm)
・最高輝度:305,000cd
・最長照射距離:1,100m

同社のU21/U22よりもThrow部分が強化(Max:2,000 Lm)され、8*XP-G3のFloodについても8灯合計でMax:4,000 Lmとなっています。

サイズ

MANKER MK39 RANGER (CW) / size
MANKER MK39 RANGER (CW) / size
MANKER MK39 RANGER (CW) / weight
MANKER MK39 RANGER (CW) / weight

4,000ルーメンの爆光ライトと、最大2,000ルーメン飛び系を合体させているので、それなりのサイズと重量になるのは仕方無いのですが、後述するハンドルによって取り回しが楽なライトになっています。

18650電池4本込みの装備重量が約900gとなるので決して軽量なライトではありませんが、製品体積からすると若干重めな気もします。これはあくまで想像ですが、8灯部分の放熱性を考慮し、部分的に銅系素材が使われているのかもしれません。

ボディ

MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body

全体のフォルムは単一乾電池×4個仕様の【懐中電灯】という感じで、どこか懐かしささえ感じます。

とは言っても中身は最新技術の塊であり、一般的なハンドライトと一線を画したデザインが新鮮です。

MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body

ヘッドとグリップ部分は分割可能です。

MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body
MANKER MK39 RANGER (CW) / body

本体グリップ部分のカットや、ヘッド部分の柔らかいカーブデザインがMANKER製品そのもの…という感じです。

底部に1/4インチの三脚穴を備えているので、カメラ用三脚に固定して屋外照明として使うのにも便利です。

ハンドル

MANKER MK39 RANGER (CW) / handle
MANKER MK39 RANGER (CW) / handle
MANKER MK39 RANGER (CW) / handle
MANKER MK39 RANGER (CW) / handle
MANKER MK39 RANGER (CW) / handle
MANKER MK39 RANGER (CW) / handle

MK39の特徴の一つがこのハンドルですが、アルミの無垢材から丁寧にCNC加工され、塗装も綺麗に仕上げられています。

ハンドル自体の剛性も高く、さらにボディとガッチリ接続、ほとんど一体化されているので振り回しても不安は全く感じません。

大きく凹凸が設けられているので指掛かりが良く、幅(約18mm)と太さも充分に確保され、エッジ部分がきちんと面取り処理されているので握った時の違和感もありません。

MANKER MK39 RANGER (CW) / handle
MANKER MK39 RANGER (CW) / handle
MANKER MK39 RANGER (CW) / sling

ハンドル前方と後方にスリング用ホールが設けられていますが、付属のスリングを直接取り付けると、金具が塗装を傷めてしまうのが残念です。

このハンドルについては、ユーザーによって好き・嫌い、賛否両論があると思いますが、このハンドルによってMK39の使い勝手や実用性が格段に向上しているのも事実です。

MK39のようなハンドルを備えた製品は、ヘルファイターやポラリオンのように、完全に振り切ったスタイル・性能を同時に備えていないとマニア受けしないのかもしれませんが、製品が大型化すればするほどハンドルの有無によって実用性や操作性が左右されるのは否定できないと思います。

実際、単一乾電池×4本仕様の電球ライトも、大型・重量級の懐中電灯でありながら、あの形態だからこそ使いやすく、広く一般に普及したのではないか?・・・と、MK39をイジりながら考えてしまいました。

スイッチ

MANKER MK39 RANGER (CW) / switch
MANKER MK39 RANGER (CW) / switch
MANKER MK39 RANGER (CW) / switch
MANKER MK39 RANGER (CW) / switch

スイッチはハンドル前方に配置され、ハンドルを握った状態で自然に親指で操作できます。

ON/OFF操作、Flood/Throwの切替、光量調整など、すべての操作を2つのスイッチで行います。(※操作については後述)

タクトタイプのスイッチですが、ストロークがやや長く、クリック感もあるので操作はしやすいです。

表面にMANKERエンブレムの刻印はありませんが、点灯時は常にインジケーターが発光して、インジケーターの発光色でバッテリー残量などを確認出来ます。

LED/ヘッド

MANKER MK39 RANGER (CW) / head
MANKER MK39 RANGER (CW) / head

MK39にはCW版とNW版がありますが、CW版はFlood部分の8灯がXP-G3、NW版は8灯部分に Nichia 219C を搭載しています。また、Throw部分のXHP35-HiについてもCW版とNW版では色温度(カラーBIN)が異なります。

MANKER MK39 RANGER (CW) / LED : Cree XHP35-Hi
MANKER MK39 RANGER (CW) / LED : Cree XHP35-Hi

Throw部分はSMOリフ+XHP35-Hi。
内部にホコリの残留も無く、ARコートされたガラスフィルターも綺麗です。

口径についてはU22より大きく、旧型となるU21に近いサイズになっています。リフレクターの深さ(奥行き)も、U21やU22よりも深くなっているので集光率がアップし、ソレがそのままカンデラ値や遠射能力の向上につながっています。

MANKER MK39 RANGER (CW) / LED : 8* Cree XP-G3
MANKER MK39 RANGER (CW) / LED : 8* Cree XP-G3

Flood部分のLED配置は、E14 や E14-II と同じで、それが2ユニット並んでいます。

このFlood部分全体の奥行きが短く、熱的に大丈夫か?・・・とも思いましたが、E14 や E14-II もヘッド部分は小さく、素材の違いは有りますが、結構アツアツになりながらもリミッターが発動するまで正常に点灯し続けますし、MK39の場合は、構造的にヘッド全体に熱が伝わるので問題無いのかもしれません。

ただ、MK39も過熱防止リミッター(3分間)を備えてはいますが、MK39に限らず、高温状態のまま点灯するほどLEDの負担が大きくなり、結果としてLEDの寿命を縮める事になるので、Max点灯は必要最小限に留める事をオススメします。

MANKER MK39 RANGER (CW) / head
MANKER MK39 RANGER (CW) / head
MANKER MK39 RANGER (CW) / head
MANKER MK39 RANGER (CW) / head

ヘッドユニットとグリップを分離することが可能ですが、電池を装填したままグリップユニット側の電極を剥き出しにしておくとショートする危険があるので要注意です。(センターが+極)

電池はテール側から装填するので頻繁に分離する必要は無いのですが、分離する場合は、できるだけ電池を取り外してからユニットを分離するようにしてください。

これも想像になりますが、同社のMK35のグリップユニットもMK39と同様の形態を採っており、もしかしたら両製品のグリップユニットには互換性があるのかもしれません。

テール

MANKER MK39 RANGER (CW) / tail
MANKER MK39 RANGER (CW) / tail
MANKER MK39 RANGER (CW) / tail

テールスタンドが可能な形状で、テール部分にもストラップホールが設けられています。

電池

MANKER MK39 RANGER (CW) / battery
MANKER MK39 RANGER (CW) / battery

電池は、3.7v(または3.6v)の 18650 Li-ion充電池が4本必要です。

動作電圧は、11.2v – 16.8vですが、過放電防止機構を備えているので、プロテクト回路の無いIMR系の18650も安心して使う事ができます。また、IMR系に多い【+】極がフラットトップの電池も問題無く使用可能です。

逆にプロテクト回路付きの18650でも動作しますが、例によって(?)プロテクト回路付きのICR系18650だとリアキャップが完全に閉まりきらないので、事実上、IMR18650専用機と考えた方が良いでしょう。(無理にリアを閉めると電池が破損するので要注意)

MANKER MK39 RANGER (CW) / battery
MANKER MK39 RANGER (CW) / battery

MK39は複数セル仕様ですが、電池ホルダーを介さず、直接電池を装填するタイプの製品です。

リアキャップを閉めると接点基板が自由に回転する構造ですが、MK39に限らず、こうした構造の製品はリアを緩めて通電をカットすることができません。よって、物理的なロックアウトは不可となりますが、MK39はスイッチ操作でロックができるようになっています。

カテゴリー: MANKER, フラッシュライト タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメント投稿