GENTOS SK-10G

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Hatena
  • instagram
  • YouTube

GENTOS SK-10G
久々のGENTOSブランドのライトです。

T21の購入をキッカケに小型ライトがマイブーム。
個人的に使用頻度が高いのは“大きくて明るいライト”より“小さくても明るいライト”だと最近判って来まして・・・

クオリティが高いと評判で前から気にはなっていたのですが、電池がボタン電池のLR41(AG3)というのがアレで購入を躊躇っていました。

キーライトはDXで買ったブタさんキーライトが既に有るのですが、サイズが大きいので実際にキーリングに付けると持て余してしまいます。(いつの間にか値上げしてるし・・・)

パッケージ

GENTOS SK-10GGENTOS SK-10GGENTOS SK-10G
2013年1月製造って事ですかね…
付属のテスト用電池は最初からライトの中に入っていました。(電池の初期電圧を測り忘れました…)

サイズ

GENTOS SK-10G SizeGENTOS SK-10G Size
とにかく小さく《SMALL KEY LIGHT》の看板(?)そのままです。
実測で全長約37.5mm、キーホルダーに付けても全く邪魔にならない大きさです。

ヘッド

GENTOS SK-10Gφ5mmの砲弾型白色LEDが露出していますが、キーライトになるとLEDが露出している製品が多い気がします。
ヘッドだけで無く各部の造作が丁寧で綺麗です。

ボディ

GENTOS SK-10GGENTOS SK-10G
2ピース構成でジョイント部分のネジ山処理もなされており、このサイズでも防水の為のOリング(2重)があります。
ヘッドを下向きにしてボディを開けるとボタン電池がボロボロと落ちるので要注意です。

GENTOS SK-10GGENTOS SK-10G
普通のツイスト式ライトと同じく《締めてON/緩めてOFF
SK-10Gのネジ長さは結構長めなので緩め過ぎない限りポケットの中でバラバラになる事はなさそうですが、実際はOリングとの摩擦で止まっているだけです。逆に緩めるのが甘いと勝手に点灯して電池を消耗してしまいそうですが、《締めてON/緩めてOFF》である以上、仕方無いのかもしれません。

個人的にツイスト式のEDCライトはMAGLITEの様に《締めてOFF/緩めてON》がベストだと思っています。
締めてOFFならばポケットの中で勝手にONになる事も少ないですし、MAGLITEは良く考えてあるなぁといつも思います。(そういえばソリテールのLED版が出たんですよね)

マニュアル

GENTOS SK-10G 電池なるほど、ボタン電池はこうやって入れるのか・・・w

GENTOS SK-10G 電池GENTOS SK-10G 電池で、実践。
でも電池が小さいからダルマ落としの様に積む事自体が結構大変w

最初から電池と一緒に入っている透明のフィルムは絶縁シートだったんですね・・・捨ててしまったでござるヨ・・・(´・ω・`)

教訓:付属マニュアルには一通り目を通しておくこと

点灯

GENTOS SK-10G

GENTOS SK-10G 電池

GENTOS PATORIO 4

GENTOS SK-10G 電池
点灯比較・GTR-141T / RC 7001 / PATORIO 4 / SK-10G 点灯比較

小さい割に結構明るくて光がパトリオ4より綺麗に拡がります。
(パワーチップ型LEDのGTR-141Tと比べるのは反則ですが…)

まとめ

評判通り安価な割にクオリティが高く、『 砲弾型LED+LR41電池でも明るくて使えるモンだな 』というのが率直な感想。
キーライトでココまでの明るさは必要無い気もしますが、駐車場までの間が暗かったりする場合は重宝すると思います。

単三・単四電池に比べるとランニングコストが高く付きそうですが、使用頻度が高くなければさほど気にする必要もなさそうです。

キーホルダー替わりにしないと、ライト単体では片手でON/OFF操作できないサイズですが、1つ有ると何かと便利に使えそうです。

電池電圧が1.55V×4で6.2V…Vf=3.2VのLEDなら余裕で点灯できる・・・
って事は、単4電池に拘らずにボタン電池を複数個使えばマメ球マグソリをLED化できるって事ですね・・・(゚ー゚*)。oO
 

カテゴリー: EDC, GENTOS, キーライト, フラッシュライト   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメント投稿