NITECORE LR50 (CAMPBANK) / 9 Hi-CRI LED

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Hatena
  • instagram
  • YouTube

NITECORE LR50 (CAMPBANK) / 9 x Hi-CRI LED : review
LR50の二つ名は【CAMPBANK】…
直訳すると【野営銀行】ですが、預金も出来ませんしATMもありません。(※当然デス…)

しかしながら、LR50の【CAMPBANK】の愛称は、簡易LED照明(ランタン)にもなり、モバイルバッテリーとしても使えるLR50の特徴を端的に表していて、実にナイスなネーミングであります。

LR50の購入動機も正にソコで、ポチるまで【一台三役】の4文字が脳内でループしました…。

機能制限は有るものの18650の他にCR123Aや16340も使用できる仕様は、コアなライトユーザーほど導入ハードルが下がるかと思います。

【ランタン型パワーバンク】なのか、それとも【充放電機能付きランタン】なのかはユーザー各位で判断していただきたいのですが、本日9月1日は【防災の日】でもありますので、ライトマニア向け防災グッズとも言えるLR50のレビューをお届けします。

また、LR50のレビューを読みつつ、改めて防災・減災装備のチェックをしていただければと思います。

※LR50もPDFマニュアルが製品HPよりダウンロード可能です。

製品HP

NITECORE Official SNS

関連記事

パッケージ

NITECORE LR50 / pack.NITECORE LR50 / pack.NITECORE LR50 / pack.
NITECORE LR50 / pack.NITECORE LR50 / pack.NITECORE LR50 / pack. 
NITECOREカラーの紙製化粧箱入り。裏面の特徴は中文で記述されています。

LR50本体が小型な為か、想像よりもパッケージサイズは小さめでした。

NITECORE LR50 / pack.NITECORE LR50 / pack. 
商品構成は、LR50本体、USBケーブル、保証書、多言語マニュアル(日本語対応)、予備Oリング×1 で USBケーブル(USB-A /micro-USB)の長さは約1mあります。

基本的に 18650 Li-ion充電池は付属しないので別途用意する必要があります。

仕様/サイズ

NITECORE LR50 / spec.
NITECORE LR50 / sizeNITECORE LR50 / size 
LR50のサイズを大きいと見るか、小さいとみるか…

人によって感じ方は異なると思いますが、ランタン/パワーバンク/充電機能の3つを備えつつ18650が2本セット可能でこのサイズ…ってのが魅力でしたので、doorman的には納得であります。

NITECORE LR50 / weightNITECORE LR50 / weight with battery 
本体は、ほぼ全てが樹脂製(プラスチック)なので非常に軽量です。

電池込みの装備重量は使用電池や電池本数によって増減しますが、18650×2-cell仕様のフラッシュライトよりも軽量、或いは同程度に収まっています。

ボディ

NITECORE LR50 / bodyNITECORE LR50 / body
NITECORE LR50 / bodyNITECORE LR50 / bodyNITECORE LR50 / body 
アールを基調とした流線型ボディも個人的には気に入っています。

『カチッ』としたスクエア形状もオサレかと思いますが、キャリーする際に外圧が加わる事を想定したデザインかと思います。

NITECORE LR50 / Diffuser
NITECORE LR50 / DiffuserNITECORE LR50 / Diffuser
NITECORE LR50 / DiffuserNITECORE LR50 / Diffuser 
先述の通り、ディフューザーや操作ユニット、電池スロット兼LED実装部分も全て樹脂製です。

ディフューザーは操作ユニットに嵌め込む構造ですが、軽い衝撃ならばディフューザーが簡単に外れないようになっています。

耐防水・耐防塵性能レベルはIP66。

防塵性能は完璧、水没させるのはNGだけど全方位からの強い流水にも影響を受けない防水性能なので、雨天時に屋外で使用しても問題ない…という事になります。

一応、ディフューザーと操作ユニットのジョイント部にOリングを備えていますが、ハンドライトのようなネジ加工は施されていませんし、充電ポートやスイッチにカバーを備えていても樹脂製筐体ゆえにIPx8レベルの防水性能を実現するのは難しそうです。

構造やデザイン、機能を大幅に変更して製造コストを掛ければ防水性能を上げる事は難しくはないと思いますが、重量やサイズ、販売価格が上がってしまうのは避けられません。機能や携帯性を優先するか、それとも徹底的に防水性能に拘るかはユーザー次第ですが、個人的には雨天時でも使えるので全然OKです。

一重のOリングなので少々心許ないのですが、Oリングとの摩擦により、ディフューザーを脱着する際には少し力が必要なほどなので、結構効き目がありそうです。

実際、点灯中に軽くシャワーを当ててみましたが、漏水する事もなく普通に点灯し続けました。

LED

NITECORE LR50 / LEDNITECORE LR50 / LEDNITECORE LR50 / LED 
頭頂部(?)および両側面に3灯ずつ、計9灯のLEDが配置されています。

LEDは5630サイズの表面実装型(SMD)LEDで CRI≧90 の高演色LEDです。

メーカーや型番など、LEDについての詳細な情報はアナウンスされていませんが、サイズ的に日亜製ではなさそうな…。(Hi-CRI仕様、電極の形状から Everlight Electronics社の62-227ETシリーズではないかと…)

■MEMO : Everlight Electronics – 62-227ET/RK6D-M4040V7X72530U6/2T/EU

LR50で一番気になったのがLEDの実装方法なのですが、LEDが露出した状態なので電池交換する際にうっかりLEDチップの蛍光体部分に触ってしまう事があります。

18650使用時にはLR50での充電も可能なので、一度電池を装填したら頻繁に電池交換しない…という前提でこの構造になったのかもしれませんが、CR123Aや16340で運用する事も可能なのでLEDの表面保護については、もう一工夫欲しかったところです。

スイッチ

NITECORE LR50 / switch
NITECORE LR50 / switchNITECORE LR50 / switch 
スイッチは操作ユニットの両側面に2つ配置されています。

ボタン全体はシリコン系素材で覆われ、内部スイッチはタクトスイッチですが僅かながらクリック感もあります。

点灯および消灯操作は二つのスイッチを同時に操作する必要がありますが、それほど厚みが無いので楽に操作できます。誤点灯や誤消灯のリスクが低くなるようにスイッチトップも突出していません。

蛍光イエローで目立ち、手探りでも充分操作可能なスイッチですが、後述するUSBポートカバーとスイッチが蓄光仕様(GITD)になっていると更に使い勝手が良くなると思います。

入力・出力ポート

NITECORE LR50 / USB PortNITECORE LR50 / USB Port
給電用・充電用のポートは操作ユニットの底部に配置されており、シリコン系素材のゴムカバーで保護されます。

外したカバーは一点を中心に回転させる事が可能なので、USBコネクタを接続する際に外したカバーが邪魔になる事もありません。

吊り下げ用ループ/マグネット

NITECORE LR50 / loopNITECORE LR50 / loop
NITECORE LR50 / tailNITECORE LR50 / tail 
吊り下げ用ループは下部に収納できます。

底部にマグネットが仕込まれているので鉄部に吸着できますが、TIP2のように強力でない上にポートカバーが微妙に浮いているので安定感はイマイチです。

本体が樹脂製な事もあり、高所から落下すると破損する確率が高いので、鉄部に吸着させる際には吊り下げ用ループに落下防止のコード(釣り糸ぐらいしか通せませんが…)を結んでおいた方が安心です。

カテゴリー: Accessories, EDC, NITECORE, フラッシュライト, 防犯/防災・減災   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメント投稿