EDI-T T6 R-18650 / 改造計画 【準備編】

Facebook にシェア
Pocket

EDI-T T6 + MOD. : parts
CREE XR-E Q3 を搭載した EDI-T T6 R-18650 を名実ともに 《T6》に改造して、爆光ライト(※瞬間芸ライト)に改造する計画を実行。

先ずはパーツから…

LED($6.5)

EDI-T T6 + MOD. : CREE XM-L T6 20mm
元が20mmのスター基板なので積み換える CREE XM-L T6 も20mmに…
気休め程度の違いしか無いのかも?ですが、キャニスターと直接接触する面積が少しでも広い方が放熱的にも有利かなと…

CREE XM-L T6 3C 5000K NW
販売サイトによるとBINは 3C で色温度は5000KのNWって事らしいです。
(【NW】と謳っていても厳密には違うんですが…)

1AのCWでも良かったのですがどうせ積むなら色温度が低い方が好みだし面白そうなので…ヽ( ´¬`)ノ

サーキットボード($4.2)

LED Driver Circuit Board / AMC7135*8LED Driver Circuit Board / AMC7135*8LED Driver Circuit Board / AMC7135*8DXでオーダーした(SKU:127684)定電流IC(AMC7135)が8個実装されたサーキットボード。

1つの7135チップで350mA、それが8個で計2800mA(2.8A)って事なので、上限3000mAのXM-Lをフルドライブに近い状態で使えるかなと…

基板に4つの星印がありますが、基板のボード外周のGNDと特定の星印をショートさせると固定モードが変更できるらしいのですが…取り敢えず初期状態の5モードで使う事にします。
(ストロボやSOSは要らないので将来は3モードに固定する予定)

Kaidomainにも同じ様な仕様のボードが有り、実際に購入して使ってみましたが、自分のハンダ技術の未熟さが原因でKDのボードは既にお亡くなりになりました…(;´Д`)

でもボードの造りはDXの方が丁寧で綺麗。(表と裏で7135のリビジョン(?)が違うのはナゼ?)

ベース基板($0.75)

21mm Base Board21mm Base Board21mm Base Board
キャニスターをバラして判ったのですが、今回のフラッシュライトのサーキットボードは17mmではなく、21mm基板が使われていた模様…。(なぜ断言できないかは…)

21mm Base Board21mm Base Board21mm Base Board
で、17mm基板のボードがそのままでは使えず、この21mmのベース基板を使ってサーキットボードを2層構造(ダブルデッカー)にする必要がありました。

21mm基板のサーキットボードが有れば一番良かったのですが、22、25、26mmは有っても21mmの2800mA仕様って案外売って無いんですよ…(´・ω・`)

総額:$11.5/約1000円
(ただし壊したCBや↓のC8用ドロップ・インは除くw)

備忘録

KD C8 Drop-inKD C8 Drop-inKD C8 Drop-in
問題のKDのC8用モジュール。

KD C8 Drop-inKD C8 Drop-in
キャニスターのネジ部分が細く、外周リブ径も小さくて流用出来なかったのですが、部品にバラして再利用予定。

KD C8 Drop-inKD C8 Drop-inKD C8 Drop-in
KDには詳細な寸法が出ていないので…

EDI-T T6 Drop-inEDI-T T6 Drop-inEDI-T T6 Drop-in
ついでにEDI-T T6 のキャニスターの寸法も…
(寸法が全然違うじゃねぇかw)

続く…
 

カテゴリー: EDI-T, LED, フラッシュライト, 改造/修理, 海外通販   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す