Cree R2-WC Bulb / 3.6-8.4V / 3-mode + 0~100% brightness adjustment

Facebook にシェア
Pocket

DXに注文した対応電圧 Max:8.4V に加えて、3-mode および 0~100% 無段階光量調整機能付のP60互換ドロップインが届きました。(SKU:17593)

DX CREE R2/SKU:17593
「3-modeで無段階?」

最初、意味がよく判りませんでしたが、届いてから「あぁ、そういう事か…」と納得。

R2 Drop-inR2 Ref.R2 LEDR2 PCB基板(サーキットボード)のハンダ処理がアレですが…気にしない事にします。

搭載LEDは R2 となっていますが、Cree XR-E R2 の事だと思います。

0~100%無段階光量調整

R2 with L2T例の如く SolarForce L2T にセット。

R2 照射OPリフですがXR-Eのダイが小さい所為かスポットくっきり目です。

画像だと判りませんが中心光廻りにダークリングが発生します。
綺麗な配光とは言い難いですが、野外で気になるほどでは有りません。

メモリー機能があり、消灯時の明るさで再点灯します。

Min短時間(約0.5秒)で素早く2回半押しすると、メモリーがリセットされて最少照度(0%ではナイ)で点灯し、そのまま半押し状態を保持すると、徐々に明るさが増していきます。

Low暫くすると(2秒くらい?)、1度目の2回点滅が発生してLowモードに入ります。(正確にはLowモードの上限状態)

Med更に半押しし続けると(3秒くらい?)、2度目の2回点滅が発生してMedモードに入ります。(これも正確にはMedモードの上限状態)

Hi更に、更に半押しし続けると(5秒くらい?)、3度目の2回点滅が発生してHiモードになります。(Max状態)

Max後も半押しし続けると、再度Min状態に戻ります。

Min~Max間の照度変化中ならば、どの段階でも半押し状態のスイッチを離すとその時点の明るさを記憶し、全押しすると記憶された明るさで常時点灯します。

記憶した明るさでの間欠点灯が可能ですが、短時間の間に2回半押ししてしまうとMinモードにリセットされてしまいます。

+++

最初は操作方法が良く判りませんでした…(^^;
文章にするとなんだか難しそうですが、慣れれば操作は簡単です。
(でも普通の人からすると複雑なので迂闊には貸せませんw)

単純にLow → Med → Hi と素早く切り替えられないので“待たされる感”は有りますが、P60互換ドロップインで無段階照度調整が出来るのは、なかなか面白いです。(実用的かどうかは微妙…)

個人的にはワンアクション(例えば半押し3回とか)でMax点灯になるか、ディマー動作が逆(100~0%)ならばもっと\(^o^)/なのですが、何回素早く半押ししてもMinにリセットされるだけなので、Minを多用する方には良い仕様かもしれません。

Maxレベル以下での点灯時には、若干ですがフリッカーが発生し、Lowモードに近いほど周期が短くなります。デジカメだと確認できるレベルなのですが無段階調整なのでフリッカーは出ないだろうと期待していたので…ちょっと残念です。

SolarForce L2T のフォワード式スイッチでしか使っていませんが、操作方法から推測するとリバース式スイッチでは通電状態(タイミング)がフォワード式と異なるので上手く操作できない気がします。

+++

P60互換ドロップインP60互換ドロップインが4つになりました。

そろそろ、他のシェルが必要かもしれません…(^^;
(既にネタバレしていますが…)
 

カテゴリー: LED, NB, フラッシュライト, 海外通販   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す