ThruNite Neutron 1A

Facebook にシェア
Pocket

Fenix LD25 のサブとして選択したのが ThruNite Neutron 1A 。

ThruNite Neutron 1A
『ムシャクシャして買った、1AAなら何でも良かった…』
と言う訳では無いのですが、$60 という価格は、単三×1本(1AA)仕様のフラッシュライトである事を考えると…(ーー;)

「は?ドル?」

ええ、海外通販で買いました。(^^;
国内某ライト通販店でも、ほぼ同じ価格で販売されていますが、トンデモな品物が送られて来た事にブチ切れて返品。海外通販で買い直しました。(詳細後述)

■ThruNite Co.,Limited / ThruNite Neutron 1A

サイズ

ThruNite Neutron 1A/サイズ比較ThruNite Neutron 1A/Fenix LD25 サイズ比較ストレートなデザインが個人的に気に入っています。

1AA仕様のフラッシュライトとしては大きい(長い)部類でしょうか。

ThruNite Neutron 1A/クリップ:1ThruNite Neutron 1A/クリップ:2ThruNite Neutron 1A/クリップ:3
ヘッドを【締める/緩める】でモード切替をするタイプなのに、クリップを付けたままだとクリップ先端がヘッドに干渉します。ヘッドが傷だらけになるのは目に見えているので付属のクリップは速攻で外しました。(笑)

ヘッド

ThruNite Neutron 1A/LED:Cree XMM-L T6LEDは Cree XM-L T6 の 《Cool White》。

自分は《Warm White》 バージョンを頼んだつもりだったのですが、自分のミスでCWを注文…。・゚・(つД`)・゚・
(このCWバージョンが後で役立った…かも?)

ThruNite Neutron 1A/ヘッドリフはOPリフ。《XM-L T6》と《OPリフ》の組み合わせで自分の期待通りのスポット広目な拡散配光です。

ThruNite Neutron 1A/ジョイント部ThruNite Neutron 1A/基板
ヘッドの締める(Turbo Mode)/緩める(General Mode)でモード切替を行い、点灯時にスイッチの半押しで照射パターンを選択します。(2モード/計7パターン)

ThruNite Neutron 1A/ベゼル:1ThruNite Neutron 1A/ベゼル:2
ヘッド先端のステンレスベゼルは取り外せますが、“Assault Crown”や“Attack Tooth”ほど攻撃的では無く、デザイン上のアクセントやヘッドの保護にもなるので付けたままにしています。(と云うより付けてないとガラスフィルターが落ちます)

ボディ

ThruNite Neutron 1A/3ピースヘッド/ボディ/リアの3ピース構成。

全身(?)に施されているローレットは深めで、Fenix LD25 のようなシルキーな感じではありませんが、GENTOS DC-105F ほど粗く無く、片手でMax点灯の切替をするには丁度良い感触です。

ThruNite Neutron 1A/リアThruNite Neutron 1A/電池ThruNite Neutron 1A/電池:eneloop市販の単三アルカリ乾電池、白エネなどが使えますが、エネループ・プロも余裕で入ります。
14500Li-ion充電池は…今のところ自分は使う予定が無いので判りません…。

リア/スイッチ

ThruNite Neutron 1A/リア・スイッThruNite Neutron 1A/リアキャップスイッチはリアのリバースクリック式で間欠点灯は出来ません。

ThruNite Neutron 1A/クラウン形状クラウンの形状がスイッチ操作を行い易い様に工夫されており、ストラップやリングを付けたままでもテール・オン・スタンドが可能です。

照射

・Max (145lm)
ThruNite Neutron 1A/Max:145Lm
・Min (0.09lm)
ThruNite Neutron 1A/Min:0.09Lm
・Low (9lm)
ThruNite Neutron 1A/Low:9Lm
・Med (50lm)
ThruNite Neutron 1A/Med:50Lm
・Hi (105lm)
ThruNite Neutron 1A/Hi:105Lm
Super-Low(Firefly)の【0.09LM】ではLEDダイの発光パターンが確認できる程の弱い光です。
エネループ使用時では、【Max】と【Hi】の差は『ちょっとMaxの方が明るいかなぁ…』ぐらいの感じです。

白エネループ使用時、Max点灯で約40分強、Hiで約1.5時間弱、Medだと3時間以上(長すぎて途中で計測を断念)明るさが持続するので燃費(?)は良い方だと思います。

※Neutronシリーズのランタイムなどの詳細なレポートがCPFに掲載されています。

モードを記憶し、ストロボ/SOSで消灯しても消灯時のモード(明るさ)で再点灯します。

照度切替が出来るライトは、バッテリーがヘタってくるとパトリオ8の様に切替操作が不安定になりがちですが、今の処この1Aについてはモード切替自体に失敗する事は起きていません。(電圧が低下するとHiやMaxになりませんが、これは1Aに限った事では無いので…)

Low や Med でもフリッカーが発生しません。
フリッカーが出ていても通常点灯では気付かない事が多いのですが、一晩中ライトを使い続けると確実に目に(脳に?)負担が掛かるので、フリッカーが出ないのは好感度大です。

ThruNite Neutron 1A/LD25 照射角比較Fenix LD25と比べると照射角は狭いのですが、スポットが広く周辺光もそれなりに有るので至近距離だとLD25より使い易く感じます。

光色が“CW”という事でパトリオ8の様な白い光を想像していましたが、Neutral White のLD25と比べても『ちょっと白いかなぁ…?』ぐらいの差に感じます。(CWでこの光色ならWWを買わなくて正解だったかも?)

ディフューザー
ThruNite Neutron 1A/ディフューザー照射ヘッド径が22mmなので例のOLIGHT社製ディフューザーも取付可能です。

ThruNite Neutron 1A/付属ホルスター付属のホルスターは最低限の機能のみで、裏にベルト通しもありません。

まとめ

  • Fenix LD25 の様にワンアクションでMax点灯
  • 自分が使い易いモード(明るさ)区分設定
  • OPリフの拡散配光
  • デザイン

等の条件が一番多く合致したので Neutron 1A を選んだのですが、実物を手にするまでリバースクリック式スイッチの使い勝手が心配でした。(自分はDC-105Fのリバースクリック式スイッチがトラウマw)

大好きな間欠点灯(笑)は不可となっていますが、初めて本物(?)のリバースクリック式を使ってみて『リバースも良いじゃん!』と 180°考えが変わりました。

点灯中、片手(半押し)で照度切替出来る事がこんなに便利だったとは…人生を半分しか楽しんでいなかった気分です…。(そこまで大袈裟なモンじゃ無い)

全体の造りは電装基板や仕上げも含め、価格に見合った出来だと思います。
若干、ローレット処理がFenixに比べて安っぽい気もしますが、モード切替を片手のみで操作する際の滑り止め効果を考えると理にかなっていると思います。

ストロボとSOSは必要無い気もしますが、有っても無駄という訳でも無いので、まあイイかなと…。
(ストロボは“威嚇”や“警告”というより、周囲に非常事態を伝えるのに有用かと)

単三電池仕様に拘ったのは、メインとサブの電池は同じ方が何かと便利ですし、カメラバッグの中のストロボには常に単三電池が4本入っているので、よほどの事が無い限り夜中に山中で電池切れに遭う事は無いハズです。(^^;

明るさやランタイムを考えると、CR123Aやリチウムイオン充電池仕様のフラッシュライトが良いと解っているのですが、そちらに手を出すと際限が無くなりそうで…。

DANBOARD with CR123Aいや、CR123Aはカメラでも使いますよ…元はカメラ用の電池だし…ウン…。

DANBOARD with 186505桁の数字が並んだ電池は…とうとう…終わった…ナ…。・゚・(つД`)・゚・
 
+++
 
最初に国内通販業者から変形した商品が届き、クレーム交換で送られて来た商品は『中古品?』と思えるほど酷い物。

更にクレームを入れたら 『在庫の中で一番まともな物を選んで送った。気に入らなければ返金するから返品しろ』 とのお答え…。(アレより酷い残りの在庫を掴まされた方…ご愁傷様です)

当然、返品・返金ですよ…。フラッシュライトを販売しているのは、世界でその1軒だけでは無いですから。低評価を付けると、すかさず自作自演の高評価を携帯経由で投稿する辺りも姑息…こういった業者の先は見えていますから、名前を出すまでもないですネ…(´・ω・`)
(携帯だと自作自演だとは判らないと思っているらしいw)

ただ、結果として海外通販にトライするキッカケを作ってくれたので、その点は感謝すべきですナ…。
 
+++
 
諸々の製品仕様が自分の希望に一番合い、既にメーカーサイトには “Discontinued”のマークが出ていたので、英語が苦手にも関わらず海外通販を利用してまで Neutron 1A を入手しました。

人生で初めて海外通販にチャレンジしましたが、買って良かったと思います。

世間一般の感覚からすると懐中電灯の価格としては非常識な価格(?)なので海外通販を使うか否か迷いましたが、実際に届いた製品は国内某店の品物よりも遥かに良品が送られてきました。

勿論、海外通販でも常に問題の無い製品が届くとは限らないですし、初期不良や流通段階での問題が起きた場合は販売店と英語で返品・返金・返送などの交渉をする必要がありますが、『売ってやってる』的な前出の販売店を利用するより余計な手間や時間を取られずに気持ち良く買い物ができました。

販売価格の違いだけで海外通販を利用するのもどうかとは思いますが、同じフラッシュライトなのに数千円も安いのは魅力ですし、1ドル未満の注文でも送料が無料(有料で国際宅配便も選択可)で品揃えが豊富、トンデモな商品が送られて来るリスクが国内通販と同じなら、英語が苦手だとぬるま湯に浸っていないで、英語の勉強も兼ねて海外通販を利用するのも悪く無いと思います。

それに海外通販が一般的になれば、競争原理が働いてまともな国内通販業者が増えるでしょうから…。

あ、今回は注文してから約2週間程で届きました。
DXなどの海外通販は『箱がボコボコになるぅw』との評判ですが、今回自分の利用したショップは3重にエアクッション(プチプチ)が巻かれており、一部パッケージが潰れた痕は有りましたが、『ボコボコw』と言うほどではありませんでしたし、製品本体に傷も無く、今のところ動作も正常です。

問題は価格が安いので、ついアレもコレも買い過ぎそうで…恐いデス。(ーー;)
(国内転売業者の価格が異常なのか?)
 
+++

さっき、お店のサイトを観たら、Tank007 TK-737 のXM-L T6 が出てました…約33ドル(約2600円)…うーむ。
 

カテゴリー: EDC, ThruNite, フラッシュライト, 海外通販   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

ThruNite Neutron 1A への2件のコメント

  1. cotomo より:

    こんにちは。
    ライトが欲しくて調べていました。とても詳しくて分かりやすい記事ばかりで、色の違いなどは特に勉強になりました。比較写真が解りやすかったです。
    あと、アマゾンの箱の人形が可愛いです。手作りですか? もっと大きいかと思っていたら、ライトの隣に写っていて、意外と小さくて二度びっくりでした。
    それにしても、ひどい通販会社があるんですね。その会社だけは注文したくないですね。売上に貢献したくないですし・・・。
    どの店か教えてもらえたら助かります。その店以外で注文しようと思います。
    よろしくお願いします。

    • doorman より:

      コメントありがとうございます。
      つたないレビューで申し訳ないですがライト選びのお役に立てば幸いです。(^^ゞ
      人形はAmazonで『ダンボー』と検索すれば幾つか出て来ますが、その中でも一番ミニサイズのAmazon仕様のダンボー君にいつも撮影協力(?)して貰っています。

      某店はG県の・・・・名前は勘弁して下さい(^^;
      最近は携帯で自作自演の高評価投稿するのを控えている様なので改善されているかもしれませんし・・・。

      某店に限らず、海外製ライトを輸入販売する場合、多くの販売店は問屋(輸入業者)を通して商品を仕入れているようですが問屋が安価に仕入れたB級品(傷モノや返品、修理上がり品など)をアウトレットと謳わずに再販したと思われる例も散見されるので注意が必要です。

      大量仕入れ(輸入)で単価が下がり海外と同じ価格で販売できるとも考えられますが、問屋や販売店の利益、流通コスト、為替レートを考えると『???』って事が有ります。
      Amazon直営店を運営するメーカーならば自社の采配で販売価格が決定可能なので海外と同価でも不思議は無いのですが、それ以外で海外と同価・安価、なおかつ送料無料なブツは少し注意した方が良いかもしれません。逆に海外で1ドルで売られている製品に¥1000以上の値を付けているボッタなケースもあるので、じっくりと情報収集してから購入するのが良いと思います。

      まだまだライトについては素人ですが、私でお答え出来る事にはお答えしますので遠慮なく聞いて下さい♪

コメントを残す