OLIGHT X9R Marauder / CREE XHP70.2 x6 (CW) ・・・照タイム

Facebook にシェア
Pocket

OLIGHT X9R Marauder / CREE XHP70.2 x6 (CW) : Beam-shot
前回のX9R本体レビューに続いて、X9Rのビームショットをお届けします。

最大:25,000ルーメンの出力となるので、いつもの70mレンジでの照射に加えて、少し遠征して380mレンジでの撮影もしてきました。

X9R、X7R、X7 の多灯3機種と、比較用リファレンスとして単眼のM2Tのビームショット画像を並べています。

ナニはともあれ、百聞は一見にしかず・・・見て頂くのが一番だと思います。

それでは Let’s show time ! (゚∀゚)
 

■製品HP
OLIGHT Official WEB site – olightworld.com
Olight X9R Marauder – olightstore.com
OLIGHT X9R MARAUDER – amazon.co.jp
Olight® Direct JP – amazon.co.jp
 

■関連記事
OLIGHT X9R Marauder / CREE XHP70.2 x6 (CW) – roomX.jp
OLIGHT X7R Marauder / CREE XHP70 x3 (CW) – roomX.jp
OLIGHT X7 Marauder / CREE XHP70 (CW) – roomX.jp
OLIGHT M2T WARRIOR / CREE XHP35 (CW) – roomX.jp
 

◆水平照射

OLIGHT X9R Marauder / Horizontal

◆380m

location @380mlocation @380mlocation @380m 

・OLIGHT X9R

OLIGHT X9R Marauder : Level 1OLIGHT X9R Marauder : Level 2OLIGHT X9R Marauder : Level 3OLIGHT X9R Marauder : Level 4OLIGHT X9R Marauder : Level 5OLIGHT X9R Marauder : Level 6OLIGHT X9R Marauder : Level 7OLIGHT X9R Marauder : Level 8

・OLIGHT X7R

OLIGHT X7R Marauder : NightlightOLIGHT X7R Marauder : LowOLIGHT X7R Marauder : MedOLIGHT X7R Marauder : HiOLIGHT X7R Marauder : TurboOLIGHT X7R Marauder : Turbo-S

・OLIGHT X7

OLIGHT X7 Marauder : NightlightOLIGHT X7 Marauder : LowOLIGHT X7 Marauder : MedOLIGHT X7 Marauder : HiOLIGHT X7 Marauder : TurboOLIGHT X7 Marauder : Turbo-S

・OLIGHT M2T

OLIGHT M2T WARRIOR : MoonlightOLIGHT M2T WARRIOR : LowOLIGHT M2T WARRIOR : Med2OLIGHT M2T WARRIOR : Med1OLIGHT M2T WARRIOR : HiOLIGHT M2T WARRIOR : Turbo

・OLIGHT X9R + X7R

OLIGHT X9R : Level 1 + X7R : NightlightOLIGHT X9R : Level 2 + X7R : LowOLIGHT X9R : Level 3 + X7R : MedOLIGHT X9R : Level 4 + X7R : HiOLIGHT X9R : Level 5 + X7R : TurboOLIGHT X9R : Level 6 + X7R : Turbo-SOLIGHT X9R : Level 7 + X7R : Turbo-SOLIGHT X9R : Level 8 + X7R : Turbo-S

・OLIGHT X7R + X7

OLIGHT X7R + X7 : NightlightOLIGHT X7R + X7 : LowOLIGHT X7R + X7 : MedOLIGHT X7R + X7 : HiOLIGHT X7R + X7 : TurboOLIGHT X7R + X7 : Turbo-S

◆380m MAX比較

・X9R / X7R / X7 / M2T MAX比較

OLIGHT X9R Marauder : Level 8OLIGHT X7R Marauder : Turbo-SOLIGHT X7 Marauder : Turbo-SOLIGHT M2T WARRIOR : TurboOLIGHT X9R : Level 8 + X7R : Turbo-SOLIGHT X7R + X7 : Turbo-S

・MAX比較 – ZOOM

OLIGHT X9R Marauder : Level 8 / zoomOLIGHT X7R Marauder : Turbo-S / zoomOLIGHT X7 Marauder : Turbo-S / zoomOLIGHT M2T WARRIOR : Turbo / zoomOLIGHT X9R : Level 8 + X7R Turbo-S / zoomOLIGHT X7R + X7 : Turbo-S / zoom 

X9R は Cree XHP70 のバージョンアップ版である XHP70.2 を搭載しています。
低出力時には少し黄色味が強い感じがしますか、光色自体は自然な白色光で演色性も良い感じです。

ちなみに道端の雑草がブレていますが、ピントがずれているワケではなく、台風の影響で風が強く被写体ブレを起こしているのです。(^^;

数値上の出力は単純にX7Rの2倍チョイなのですが、実際にX7Rと照射比較してみると倍以上に明るく感じますし、拡散系でありながらX9Rだけで380m先まで照射できるのは、やはり25,000ルーメンのなせる技かと思います。

路面だけでなく空間そのものが白っぽくなっていますが、それだけ拡散配光である事の証しかと思います。

興味本位で X9R + X7R、X7R + X7 を同時点灯してみましたが、37,000ルーメン(X9R+X7Rの場合)となると近距離エリアの白飛びが凄まじいことになりました。

今回は拡散系の製品を組み合わせているので近距離エリアの照度はアップしていますが、拡散系同士の組み合わせなので飛距離は限定的となっています。

それでも、小口径のリフレクターを搭載しているので集光効果も確認でき、明るさがアップしたことで380m先の土手も少しだけ明るく照らせています(※トリミング画像参照)

X7R+X7 の両最大出力で21,000ルーメン、LEDもX9Rと同じく6灯としてもX9Rほどの照射能力はありません。

光源となるLEDが密集していれば、それだけ光束が収束され効率良く前面に光を放出できるので当然の結果ではあるのですが、例え合わせ技で疑似高ルーメン化したとしても光源がバラバラでは、その効果は限定的・・・というのがハッキリしたと思います。

◆70m

location @67m

・OLIGHT X9R

OLIGHT X9R Marauder - Level 1OLIGHT X9R Marauder - Level 2OLIGHT X9R Marauder - Level 3OLIGHT X9R Marauder - Level 4OLIGHT X9R Marauder - Level 5OLIGHT X9R Marauder - Level 6OLIGHT X9R Marauder - Level 7OLIGHT X9R Marauder - Level 8

・OLIGHT X7R

OLIGHT X7R Marauder - NightlightOLIGHT X7R Marauder - LowOLIGHT X7R Marauder - MedOLIGHT X7R Marauder - HiOLIGHT X7R Marauder - TurboOLIGHT X7R Marauder - Turbo-S

・OLIGHT X7

OLIGHT X7 Marauder - NightlightOLIGHT X7 Marauder - LowOLIGHT X7 Marauder - MedOLIGHT X7 Marauder - HiOLIGHT X7 Marauder - TurboOLIGHT X7 Marauder - Turbo-S

・OLIGHT M2T

OLIGHT M2T WARRIOR - MoonlightOLIGHT M2T WARRIOR - LowOLIGHT M2T WARRIOR - Med2OLIGHT M2T WARRIOR - Med1OLIGHT M2T WARRIOR - HiOLIGHT M2T WARRIOR - Turbo 

いつもの70mレンジですが、酷暑の影響で地面が乾燥していて、いつもと同じカメラ設定だと25,000ルーメンでの白飛びが激し過ぎたので、今回はカメラ設定を変えていつもよりシャッタースピードを早くして撮影しています。

肉眼では画像のように激しく白飛びはしておらず、中心光・周辺光との明暗差も小さく端々も万遍なく照らせているのですが、25,000ルーメンともなると画像で正確に再現するのは非常に難しいです。(単にこのカメラが限界なのかも・・・(^^;)

フォトショップなどでレタッチすれば、より肉眼で見た時の状況を再現できるのですが、全画像をレタッチするとなるとメチャクチャ時間が掛かるので・・・(´Д` )

シャッタースピードを早くしてもX9Rの最大レベルの25,000ルーメンでは、白飛び範囲は60m先ぐらいまで伸びていています。

OLIGHT X9R Marauder - Level 7OLIGHT X7R Marauder - Turbo-S 
X9R の Level 7(12,800Lm) と X7R の Turbo-S (12,000Lm)のルーメン差は800ルーメンですが、同じレベルの明るさでも光源数による配光の違いが出ていて多灯効果が表れています。

また、撮影アングルはすべて同じですが、周辺光の境界が写っているのはM2Tだけで、他の3機種が如何に拡散配光かが良く判ります。

◆まとめ

なんか、やっぱりスゴいです・・・(^^;

OLIGHT X9R Marauder / mode
明るいだけにMAX点灯時の発熱や電力消費も激しいのですが、例え3分間しか25,000ルーメンで照らせないとしても、圧倒的な光量が必要となる状況に於いては、X9Rの大出力を頼もしく感じるハズです。

気になった点としては、最近の爆光製品(飛び系、拡散系に関わらず)に装備されている三脚穴が無い点です。

スリング(ショルダーベルト)が付属していますが、X9Rを固定光源として使いたい場合には一工夫必要となります。

ボディサイズの関係で三脚穴を設ける位置が限定される(スイッチの反対側)とは思いますが、後付けの三脚用アダプターでもあれば活用範囲が更に拡がると思います。(X9Rの重量を考えると1/4インチネジでは少々心許ないので、W3/8インチ規格が必要かも・・・(゚ー゚*)。oO

前述のとおり価格的にもヘビー級のX9Rですが、安全・確実に運搬、そして直感的かつ簡単に使用できる大光量ライト(照明)と考えれば無茶苦茶な価格でもないかな・・・と思うdoormanであります。
 
 

カテゴリー: OLIGHT, フラッシュライト   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す