SOLARFORCE M3 / CREE XM-L U3 (CW)

Facebook にシェア
Pocket

SOLARFORCE M3 / CREE XM-L U3 (CW) - Turbo Head : review
発売されてから随分と時間が経過していますが、興味は有りつつも価格対スペック比のイマイチ感が拭えず見送っておりました SOLARFORCE M3 のレビューでございます。

ソラフォの公式ショップが在庫一掃セール的な特売をしていたので、先のL2シェルと一緒にポチ。

既に懐かしさを感じる XM-L ですが、LEDを載せ替えれば面白いかなぁ・・・と

基本、飛び系なのでシングルモード仕様のM3sが使いやすいかと考え、M3sをオーダー・・・したつもりが間違えちゃった♪(*´ω`*)テヘ

そんなこんなで、3モードのM3が届いたワケですが、改造をする前に軽くレビューしたいと思います。
 

■製品HP
SOLARFORCE Official HP
SOLARFORCE M3 – SOLARFORCE

■関連記事
KDLITKER E6 with CREE XP-L Hi V3 (CW) – roomX.jp
Convoy X3 / CREE XM-L2 T6 (NW・4C) – roomX.jp
SOLARFORCE L2 – roomX.jp
SOLARFORCE L2-D18 – roomX.jp
SOLARFORCE L2m – roomX.jp
 

◆パッケージ

SOLARFORCE M3 / pack.SOLARFORCE M3 / pack.
SOLARFORCE M3 / pack.SOLARFORCE M3 / pack. 
割としっかりした化粧箱入り。

内容物はM3ヘッドとマニュアルのみ。

◆仕様

●Specifications and Features :

Uses CREE XM-L (U2) high power output LED

Body made of T6061 T6 aluminum alloy in matt black finish
Bezel is made of S304 grade stainless steel, which is highly impact-resistant and hence increasing the overall strength and durability of the product

Aluminum alloy reflector with mirror-like reflective surface for maximal reflectivity and focusing power, producing a powerful beam up to 380m
Strengthened ultra-clear glass lens with two-surface coating for ultra high transparency and light transmittance

Anti-rolling design
Current-regulated and stable output with input voltage range of 2.7 – 9V
Battery type: CR123A x 1 – 3pc, 16340 x 2pc, 18650 x 1 – 2pc

Turn off and on within 3 seconds will switch the output in the following sequence:
High → Medium → Low → Repeat

Turn off for more than 3 seconds: the flashlight will memorise the lastly used output level

・Output rating and continuous runtime (with 18650 x 1):
 High (700 lumens): 110 minutes
 Medium (360 lumens): 3 hours
 Low (80 lumens): 23 hours

・Output rating and continuous runtime (with 18650 x 2):
 High (750 lumens): 160 minutes
 Medium (450 lumens): 3.5 hours
 Low (170 lumens): 9.5 hours

uilt-in electronic reversed battery polarity protection
Length x diameter: 62 x 45mm
Weight (without batteries): 138g

※)公式HPより転載

対応最大電圧が9Vという仕様もM3に惹かれたポイントです。

電池電圧で出力に差が出ますが、2セルで【Low】の出力が倍になりつつもランタイムが極端に短くなります。

どうやら低出力だと一気に効率が下がる回路のようで、【Hi】以外ではフリッカーも出ていますし、モードメモリーが効くのも消灯後3秒と長いので、回路そのものが古いのかもしれません。

飛び系のライトならばモードメモリなしの【Hi】スタートでイイのに…と思うのですが、M3ヘッドが発売された頃の自分はモードメモリーこそ絶対必要…って思ってたフシがあったなぁ…と、思い出に浸るdoormanであります。

◆本体

SOLARFORCE M3 / head
SOLARFORCE M3 / headSOLARFORCE M3 / head
SOLARFORCE M3 / headSOLARFORCE M3 / headSOLARFORCE M3 / head 
放熱フィンなど各部の加工も丁寧になされHA3塗装の質感もとても良いです。

ストライク形状のステンレスベゼルですが、エッジが丸く処理されているので攻撃的な印象が薄まっています。

SOLARFORCE M3 / LEDSOLARFORCE M3 / LED 
LEDは XM-L でランクは U2。

T6よりもランクは上ですが格段に性能差があるワケではなく、旧世代感は拭えません。

ミラーリフレクターですが、LEDダイが綺麗に反射していないことからして…(※後述)

SOLARFORCE M3 / headSOLARFORCE M3 / headSOLARFORCE M3 / head 
画像では伝わらないと思いますが、M3ヘッドのアウタースプリングは、P60互換バルブのソレよりも少し外径が大きく、シェルにセットするとガジガジとスプリングとシェルが擦れてしまいます。

M3ヘッドを取り付ける時は良いのですが、外す時にはキャニスター部分だけがヘッドから外れてシェル側に残ってしまいます。

Surefire G2 にM3ヘッドを取付ようと試みましたが、残念ながらアウタースプリングが入らず取付られませんでした。(※多分、6PでもNGじゃないかと…)

SOLARFORCE M3 / headSOLARFORCE M3 / head 
キャニスターはP60互換のモノよりも高さがありますが、海外サイトの分解画像を見ると、制御基板を納めるための空間を確保している関係のようです。

LEDの放熱板は16mmサイズで基板は17mmサイズです。どちらも既成品の基板サイズに合致するので換装はしやすいと思います。

SOLARFORCE M3 + M2SOLARFORCE M3 + L2SOLARFORCE M3 + L2 + ext.
SOLARFORCE M3 + L2-D18SOLARFORCE M3 + L2-D18SOLARFORCE M3 + L2-D18
SOLARFORCE M3 / sizeSOLARFORCE M3 / weight
L2M、L2、L2+Ext.(9P)、L2-D18 と合わせてみましたが、個人的には L2-D18 との組み合わせが一番しっくりと来ました。

やや、鈍器コングっぽくなりますが、2*18650 で使えますし、重量バランス的にも丁度良い感じです。

M3ロゴがステンシル書体でグリップ側がセリフ書体という統一感の無さはご愛敬で…(^^;

◆モード

モードは【Hi】→【Med】→【Low】の3モードで、点灯開始時に半押ししてモード選択、全押しで選択モードの常時点灯になります。

消灯から3秒経過すると消灯時のモードがメモリーされ、3秒以内に再点灯するとNEXTモードで点灯します。

◆照射

・水平照射

SOLARFORCE M3 / Horizontal

・配光

SOLARFORCE P60 XM-L T6SKILHUNT X0KDLITKER P60 XP-L HiSOLARFORCE M3

・屋外照射

・白昼(立木まで67m)
Daylight

・SOLARFORCE M3 – 1*18650

SOLARFORCE M3 (1cell) / HiSOLARFORCE M3 (1cell) / MidSOLARFORCE M3 (1cell) / Low

・SOLARFORCE M3 – 2*18650

SOLARFORCE M3 (2cell) / HiSOLARFORCE M3 (2cell) / MidSOLARFORCE M3 (2cell) / Low

・Convoy X3 / XM-L2 U2 (4C:NW)

Convoy X3 / HiConvoy X3 / MidConvoy X3 / Low

・SOLARFORCE P60 Bulb / XM-L T6 (CW)

SOLARFORCE P60 Bulb / XM-L T6 / HiSOLARFORCE P60 Bulb / XM-L T6 / MedSOLARFORCE P60 Bulb / XM-L T6 / Low

・KDLITEKER P60 Bulb / XP-L Hi V3 (CW)

KDLITEKER P60 Bulb / XP-L Hi V3 / HiKDLITEKER P60 Bulb / XP-L Hi V3 / MedKDLITEKER P60 Bulb / XP-L Hi V3 / Low

・Self-made P60 Bulb / XP-G2 S2 (5D:NW) 4000K

Self-made P60 Bulb / XP-G2 S2 / HiSelf-made P60 Bulb / XP-G2 S2 / MedSelf-made P60 Bulb / XP-G2 S2 / Low

・SKILHUNT X0 / XM-L2 U2 (CW)

SKILHUNT X0 / HiSKILHUNT X0 / Low 

このヘッドサイズなのでXM-Lの700ルーメンでもそこそこ飛びますが、最近の同サイズの製品と比較すると少々物足りなさを感じます。

お世辞にも綺麗な照射面とは言えず、周辺光にかなりムラがあります。(屋外で照射する時には、それほど配光ムラも気にはなりませんが…)

ソラフォ純正のP60互換バルブの配光が綺麗だったのでM3にも期待したのですが、発売当初の価格を考えると少々残念な感じです。

正面からリフレクターを見ると、一般的なリフレクターのようにV字に近いリフ形状ではなく、U字に近いような形状に見えます。

リフレクターも交換できれば良いのですが、キャニスターをネジ込んでリフと一体化、点灯時に発生した熱をリフレクターにも逃がす必要があるので交換は難しそうです。

◆まとめ

今なら同サイズのヘッドでM3より飛ぶ製品は沢山存在しますが、P60互換でレゴって遊べるのは楽しいです。

飛びに拘って XM-L からLEDを換装するならば10Wクラスの XP-L Hi が王道かとは思いますが、ノーマル基板だと最大でも2.0A程度ですし、XP-Lをフルドライブさせると熱的にもアレなので、7WクラスのXP-G3で行く方向で検討中です。

LEDの換装が完了したら追加レポしたいと思います。

◆付録:Solarforce S14 switch

Solarforce S14 switchSolarforce S14 switch
Solarforce S14 HA3 finger-grip forward clicky switch for L2 series & surefire 6P 9P / $14.99

●Specifications and Features :

Standard (forward) click switch assembly (momentary on with a slight press, constant on after a click)
Constructed mainly of T6063 aluminum alloy
Mil-spec type III hard anodized finish
Secured finger-grip design
Colour: black
Able to withstand up to 3A current
Compatible with L2, L2m, L2n, L2T, L2P, L2T (Special Edition), L2C, L2B, L2D, M6, M7, M9

Solarforce S14 switchSolarforce S14 switchSolarforce S14 switch 
フィンガーリング付きの【S14】スイッチユニットも購入してみました。

これは、雨の日に傘をさしながら使うのに便利かなぁ・・・と思いまして…(^^;
(傘をさしながら、もう片方の手でワン子のリードを持つとライトが上手く持てないのデス)

あわよくば THYRM(サイリム)のスイッチバックのように使えるカモ?…と期待したのですが全くの別物でした(笑)

Solarforce S14 switchSolarforce S14 switchSolarforce S14 switch
Solarforce S14 switchSolarforce S14 switch 
オールアルミ製で頑丈、ライトを指に引っ掛けたままカメラ操作とかも出来るので便利は便利なのですが、やはり中途半端感が拭えません。

Solarforce S14 switchSolarforce S14 switch 
意味不明なUシェイプ形状のランヤードホールでスイッチの操作性が低下するし、持ち方は限定されるしで、やっぱり雨天専用ワンパト装備となりそうです。

Solarforce S14 switch
ここ最近のソラフォは、3本針のアタックヘッドもそうですが、理解に苦しむ製品を立て続けにリリースして迷走していたような気がするのは私だけでしょうか…(゚ー゚*)。oO

 

カテゴリー: SOLARFORCE, フラッシュライト, 海外通販   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す