ThruNite TN12 2016 (NW) + U1 + 18650 (3400mAh) — PART 1.

Facebook にシェア
Pocket

今回は、ThruNite TN12 2016 (NW) とUSB経由で充電可能なU1充電器、Panasonic NCR18650B-3400mAh セルを使ったThruNiteブランドのLi-ion充電池をひとつのパッケージにしたお得なセットモデルのレビューをお届けしたいと思います。(ThruNite TN12 2016 は、ver.2014の後継となるモデルです)

一度に3製品のレビューを掲載すると情報量が多すぎて各製品の特徴や魅力が伝わらないかもしれないので、PART 1. と PART 2.の2回に分け、PART 1.ではThruNite U1充電器と18650B-3400mAh のレビューを、PART 2.では ThruNite TN12 2016 ライト本体のレビューをお届けします。

■製品情報
ThruNite Official – ThruNite TN12(2016) NW+U1+3400*1
 

パッケージ

TN12 2016 セットモデル / パッケージTN12 2016 セットモデル / パッケージTN12 2016 セットモデル / パッケージ
TN12 2016 セットモデル / パッケージTN12 2016 、U1充電器、18650バッテリーと各々の製品の付属品の全てが1つの箱に納められています。
セットモデルを購入した際に起こりがちな、全て別々の箱で整理するのが大変…って、事が起きないので非常に有難いです。

ThruNite U1充電器 + 18650-3400mAh充電器関連は、U1充電器本体、ポーチ、USBケーブル、取扱説明書(英文)が付属します。

ThruNite 18650-3400mAh

ThruNite 18650-3400mAh充電池は1本ずつシュリンク包装されていました。
細かいことですが“素”のままで箱詰めされているより、ちゃんと包装されていた方が安心ですし、新品感が増すので好感度アップです♪

ThruNite 18650-3400mAhThruNite 18650-3400mAh 【+】極側ThruNite 18650-3400mAh 【-】極側
ThruNite 18650-3400mAhは、コバルト系のボタントップ型のLi-ion充電池で【-】極側も段差の無いフラットな形状です。

ThruNite 18650-3400mAh 全長ThruNite 18650-3400mAh 直径ThruNite 18650-3400mAh 重量
実測で全長:68.8mm、直径:18.4mm、重量:48g なので、一般的なプロテクト回路付きの18650 Li-ion充電池と大きさも重さも大差ありません。

ThruNite/Panasonic NCR18650B-3400mAhが...、大きさ的に大差無いのに3400mAhもの実容量を確保して、コバルト系で5Aもの放電性能を実現しているってのは、実はスゴい事で Panasonic NCR18650B-3400mAh を採用した事で価格がアップしても、性能劣化も含めて長く使えると考えればコスパは高いと思います。

ThruNite 18650-3400mAh/初期電圧ちなみに開封してスグに電池電圧を測ったら 3.618V有りました。

マンガン系(IMR)のLi-ion充電池の高放電性能は魅力的ですが、フラッシュライト用の電池としてあそこまでの放電性能は必要ありませんし、実際に自分でも活かし切れてはいません・・・(´・ω・`)

また、IMRの18650Li-ion充電池はフラットトップ型が多く電池2本を縦直列する際に困る事になります。←※経験談w
強力マグネットで即席ボタントップにする手もありますが、そんな事をせずとも普通に使えた方がやはり便利です。

ThruNite U1 Battery charger

ThruNite U1 Battery charger
・U1充電器 主要諸元

  • 入力電圧:DC 5V-12V 1.2A(MAX)
  • 充電能力:DC 4.2V/DC 1.5V 1A ※1.5V充電はNi-MH/Ni-Cd使用時。4.2V/1.5Vは自動認識
  • 充電方式:Li-ion充電池(定電流充電)/ Ni-MH/Ni-Cd充電池(パルス充電) ※定電流/パルスは自動切替
  • 放電性能:DC 5V 1A(MAX)
  • 重量:37g (USB ケーブル含まず)
  • 対応電池サイズ:単2(C)・単3(AA)・単4(AAA) / 10440~26650

ThruNite U1 Battery charger付属品は、U1充電器、ポーチ、USBケーブルでケーブル長さは約37cm(端子含む)あります。

サイズ

ThruNite U1 / sizeThruNite U1 / size
サイズは、84mm (L) x 27mm (W) x 35mm (H) (USBケーブル含まず)で非常にコンパクトな充電器です。
エネループのモバイルバッテリー、単三・単四充電器と比べていますが、18650より一回り大きい程度なので携帯するのにも邪魔にならず便利です。

外観

ThruNite U1 / 上面ThruNite U1 / 底面
ThruNite U1 / 側面ThruNite U1 / 側面ThruNite U1 / 側面
プラスチック製ボディの上面に電池レーンとインジケーター、底部に主要諸元の記載が有り、各両端にUSBの入出力コネクタを備えただけのシンプルな外観ですが、充電器として必要な機能は全て備わっています。

電池レーン

ThruNite U1 / 電池レーンThruNite U1 / 電池【+】接点ThruNite U1 / 電池【-】接点
電池の【-】接点側がスライドする構造で、内蔵されたスプリングの反発力でセットした電池を固定する構造です。

【+】側の接点の一部が凸状になっていますが、接点金具全体が僅かにせり出しているので14500の様な小型のフラットトップ型Li-ion充電池も問題無く充電できると思います。

ThruNite U1 / インジケーター充電中と充電完了が一目で判るインジケーターを装備していますが、コレが有ると無いとでは使い勝手が大きく変わります。最低限の機能ですが目視で状態が確認できるのは安心です。

入出力コネクタ

入力側:USB-micro-B出力側:USB-A
付属のUSBケーブル
入力側は USB-micro-Bタイプ(メス)、出力側はUSB-Aタイプ(メス)のコネクタとなっています。
コネクタ形状が機能別に異なっていて付属のUSBケーブルも各コネクタに対応した端子形状になっています。

モバイル機器の外部電源として使用する場合、接続機器の入力端子がUSB-micro-Bタイプ(メス)ならば付属のUSBケーブルのみでU1充電器と接続できるので、変換コネクタなどを別途用意する必要はありません。

■参考 – USB端子の種類
USB端子USB端子
※USB-mini端子のケーブルはこのU1充電器セットに含まれていません。

対応電池

対応電池単3電池
単4電池単4電池単4電池
Li-ion充電池なら10440から26650まで、Ni-MH充電池なら単2・単3・単4電池がセット可能です。

18650 L=69mm18650 L=65mm
全長69mmの18650がギリギリなので、これを超える長さの電池は物理的にセットできません。

レーンが浅いので電池が外れやすく、机上での使用は問題無いのですがモバイルバッテリーとして携帯する際には必ず付属のポーチを併用する必要があります。(※詳細後述)

バッテリー充電機能

バッテリー充電
充電中充電完了
充電中はインジケーターの《CHARGE》が点灯(赤LED)し、充電が完了すると《FULL》が点灯(緑LED)します。

充電対象の電池の種類(Li-ion充電池かNi-MH充電池)を充電器側が自動で認識して定電流充電(Li-ion)とパルス充電(Ni-MH)を切り替えてくれます。
また、充電電圧に関しても電池の種類により4.2Vと1.5Vが自動制御されるのでユーザーが何か特別な操作をする必要は全くありません

※USB-micro端子には、スッポ抜け防止の簡易ラッチが有るので充電器にコネクタを差し込む際に途中で引っ掛かる感じがしますが、ソコから更に奥に差し込むようにしっかりとケーブルを繋いで下さい。

入力対応電圧がDC:5V~12Vと幅があるのでPCのUSB端子(5V出力)以外にもDC12V出力のAC/DCアダプターや車のシガーソケットから直接12Vを供給する事もできます。(※但し、どの場合もUSB端子は必須)

モバイルバッテリー機能

モバイルバッテリー機能このU1充電器の一番のウリ(?)である 5V・1A出力のモバイルバッテリー機能は、3.6Vや3.7VのLi-ion充電池をセットした場合に使用可能となる機能で出力のUSB-Aコネクタ部分が青く光ります

IMR 1865016340
電池のサイズに関わらず装填する電池電圧が3.7V(もしくは3.6V)であればモバイルバッテリーとして機能するので、IMRでも16340や18350でもOKです。

但し、5V・1A出力のモバイルバッテリーとして使用可能な時間は、装填する電池容量と性能によって決まるので、電池が小型になればなるほど実用時間は必然的に短くなり、粗悪なLi-ion充電池だと使い物にならない場合があります。

また、装填した電池電圧が低下してくると常に 5V・1A出力とはならず、電池電圧の低下と共に徐々に電流量が減少するハズです。

ちゃんと出力電圧・出力電流を実測していないのでアレですが、ちょっと意地悪して電圧が2.9Vまで下がったCR123Aをセットしてみました。
CR123A 2.9V一応、出力コネクタ部分の青色LEDが光ってはいますが、出力電圧が低く電流量が少ない為か弱い光でしか発光していません。

eneloop AA 1.2V電池電圧が1.2Vのエネループではソース電圧が低すぎてモバイルバッテリーとして機能しません
仮に1.2Vを5Vまで昇圧出来たとしても取り出せる電流量が少ないので接続機器を充電したり動かしたりするのは困難で実用に耐えないと思います。

USB 5V出力スマートフォンやタブレットなどのUSB-micro端子を備えた機器で試したいのですが、そういう最先端のモバイル機器が手元に有りません。

で、例のUSBリングライトを繋げてみたのですが、よくよく考えるとせっかく5Vまで昇圧して出力しているのに再度ライト側で電流制限抵抗を使うってのは無駄の極みですな・・・(´・ω・`)

キャリングポーチ

キャリングポーチキャリングポーチにはベルト通しが設けられているので携行する時も邪魔にならず両手がフリーの状態で機器を操作する事が可能です。

U1を携行する際に付属のポーチを使うのは、ぶつけたりした時の衝撃を和らげてU1充電器やLi-ion充電池を保護する為と、セットした電池をスプリングの反発力だけで固定するのが難しく、電池が不用意にレーンから外れるのを防ぐ為でもあります。

フラップ部分コネクタ開口部コネクタ開口部
ポーチのフラップとフラップに設けられた開口部を縦断するゴムバンドでU1充電器と電池がしっかりとホールドされます

ポーチ両端の入出力コネクタ部分に切り欠きが設けられているので、ポーチにU1充電器を入れたままで充放電が可能です。ただし、使用時には熱が発生するので、状況に応じてポーチから取り出して使ったほうが良いと思います。

絶縁材絶縁材絶縁材
普通に充電されたLi-ion充電池をセットしているとコネクタ部分の青色LEDが発光したままになり、貴重な電力を消費してしまいます。無駄な電力消費を抑えるには、電池の【+】と【-】を逆にしてセットして電流が流れないようにするか、上の画像みたく絶縁素材で通電を遮断する必要があります。

個人的には、保護回路が実装されているので大丈夫と判ってはいても極性を逆にセットするのには抵抗があり、使用する場合に電池をセットし直すのが面倒なので絶縁方式を採りますが、ポーチに丈夫な絶縁材が縫い付けてあると便利かと・・・(゚ー゚*)。oO

まとめ

最初に製品画像を観た時は、明るい本体色の影響も有ってか少々安っぽく見えたのですが、実物は結構しっかりとした造りで必要な機能は全て網羅しており、充電器およびモバイルバッテリーとしてのポイントをちゃんと押さえた製品でした。

エネループのモバイルバッテリーU1 重量U1 総重量
ケーブルも含めたフルセットでも、エネループのモバイルバッテリー本体よりも軽くて容量も大きくモバイル機器とフラッシュライトのバックアップ電源が共通化できるのは便利です。(フラッシュライト・ユーザーは元より、モバイル機器も多用する方にも便利な製品だと思います)

大型で大容量のモバイルバッテリー製品はいくつか存在しますが、電源に18650Li-ion充電池を使っていながら電池が外せない製品ばかりで、フラッシュライトに対しては使い廻しが効かないというデメリットが常に付いて廻りました。

ThruNite U1充電器と複数の18650Li-ion充電池を用意すればフラッシュライトにもモバイル機器にも柔軟に対応出来るので、電池固定のモバイルバッテリーと比べると、この汎用性は大きなアドバンテージであり ThruNite U1 の一番の魅力でもあると思います。(出力が最大で5V・1Aという制限はありますが…)

PART 2.で詳しくレビューしますが、TN12 2016 も使いやすい製品に仕上がっているので、最初にLi-ion充電池仕様のフラッシュライトを購入する方には電池と充電器とライトが一つのセットになっている本製品を選択肢に含めるのもアリだと思います。(単品で購入するよりチョットだけお得ですし…)

電池が1本では足りないと思いますが、同じ電池が2本1組でThruNiteブランドで別売りされています。
TN12 2016 に興味を持った方は、将来、複数の18650電池を必要とするTN36のようなハイパワーフラッシュライトにも間違い無く興味を持つので(オイw)今から同じ電池を購入されておくことを強くお薦めします・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
 
ThruNite TN12 2016 
PART 2.に続く・・・
 
 

カテゴリー: Accessories, ThruNite, フラッシュライト, 電池   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す