電子回路 Vol.20 【PICkit 3:書き込みエラー編】

Facebook にシェア
Pocket

PICkit3を使ってプログラムを書き込もうとしたら次の様なエラーが・・・

MPLAB IDE : error message 
Programming…
The following memory regions failed to program correctly:
EEData Memory
Address: 00000003 Expected Value: 000000ff Received Value: 00000000
Programming failed
 
 
IDEは MPLAB IDE v8.92 を使用。
ターゲットは、18ピンのPIC16F84Aで例の自作ROMライターを使っているのですが、一度同じ構成で書き込みを行い正常終了している・・・ってか、全く同じプログラムを同じPICに書き込み、実際に回路も組んで動作確認まで行っていました。

少しプログラムを改造し(と、言うほどのモノでは無いです)新たに書き込みを実行したら先のエラーメッセージが出て『???』な状態・・・結局、ワケが判らず半日ほど頭を抱えてしまいました。

何度 Erase Flash Device や Clear Memory を実行した事か・・・(´Д` )

テキトーにイジってたら書き込み出来たので忘れないうちにメモ。(それでイイのか?)
 
 
【Programmer】 → 【Settings】で PICkit3 settings のダイアログを呼び出し
MPLAB IDE : settings 
【Program Memory】タブ、《Program Option》 の 『Preserve EEPROM on Program』にチェックを入れて適用→OK で設定変更。
MPLAB IDE : settings
後は Make して Build して Write で書き込み正常終了。
MPLAB IDE : settings
しかし・・・、特にココの設定をイジった記憶が無いんだけどねぇ・・・(´・ω・`)
 
+++
 
PIC16F84A LCD Digital Clock何とか狙い通りに動かす事が出来ました♪\(^o^)/

PIC16F84A LCD Digital ClockLCDのバックライトが常時点灯しているのは、ある目的の為・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

《2014/11/6:追記》
回路およびプログラムコードは【PICで遊ぶ電子工作】さんの【液晶ディスプレイを使った時計】をそのまま使わせていただきました。

カテゴリー: PICkit 3, プログラミング, 電子回路   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す