roomx.jp

Room No.3

Hobby

ChipLink CL0117 とインダクタの組み合わせによる電流計測

2013.06.20

秋月電子で販売されているLEDドライバー ChipLink CL0117 と、組み合わせるインダクタ(コイル)によってどれぐらい電流量が変化するか実際に計測。

電源は単3 Ni-MH充電池(eneloop)を1本のみとし、ブレッドボードで回路を組みインダクタを変えながら計測していますが、インダクタンスが同じでも他の仕様(直流抵抗値や共振周波数)によって値が変わり、測定条件(特に電源電圧)や回路の組み方、テスターの精度、点灯させるLEDの仕様も測定値に影響を及ぼすと考えられます。

LEDはφ3mmの砲弾型LED(電球色)とCREE XP-G(CW)を繋いで計測していますが、同じインダクタを使っても両者の仕様の差が電流の差となって表れています。

なので 「同じ組み合わせで買ったけど違うじゃないか!」 って言われても、『知らんがなw』 としか答えられません。

また画像では判りづらいのですが【電流量が多い=明るい】とは限らず、実際に見た目でLEDが暗いのに計測値は大きい値を示している場合がありました。(XP-G放熱基板のCREEの文字がハッキりと見えるのは、それだけ暗いという事)


 
電池
単三 Ni-MH電池 電圧
1.335v (測定開始前)
電池電圧(測定開始前) 単三 Ni-MH電池 電圧
1.293v (測定終了後)
電池電圧(測定終了後)
 
 
LED
3mm FLAT TOP WW

Vf=3.49V (測定値@30mA)
FLAT TOP - 3mmLED CREE XP-G R5 CW

Vf=3.72 (測定値@350mA)
CREE XP-G R5 CW
 
 
計測

※計測値はテスターのリード抵抗(片極約2Ω)の影響で低めの値となっています。

L 3mm FLAT TOP LED CREE XP-G R5
マイクロインダクタ
10uH

AL0510-100K
CL0117 + 10uH 87.7mA CL0117 + 10uH 94.5mA
ラジアルリード型
10uH

A823LY-100K
CL0117 + 10uH 87.7mA CL0117 + 10uH 94.5mA
マイクロインダクタ
22uH

AL0510-220K
CL0117 + 22uH 79.4mA CL0117 + 22uH 78.5mA
チップインダクタ
33uH

ELL6SH330M
CL0117 + 33uH 78.0mA CL0117 + 33uH 78.2mA
マイクロインダクタ
47uH

AL0510-470K
CL0117 + 47uH 66.0mA CL0117 + 47uH 82.7mA
チップインダクタ
47uH

DR54-470M
5.8*4.5mm
CL0117 + 47uH 66.2mA CL0117 + 47uH 82.6mA
ラジアルリード型
47uH (1.2A)

LHL08NB470K
CL0117 + 47uH 68.1mA CL0117 + 47uH 83.4mA
ラジアルリード型
47uH (2.8A)

LHL13NB470K
CL0117 + 47uH 68.8mA CL0117 + 47uH 81.2mA
ラジアルリード型
100uH (0.79A)

LHL08NB101K
CL0117 + 100uH 40.6mA CL0117 + 100uH 92.4mA
ラジアルリード型
100uH (2.0A)

LHL13NB101K
CL0117 + 100uH 41.5mA CL0117 + 100uH 94.7mA
小型ラジアルリード型
100uH

4*6mm
CL0117 + 100uH 38.17mA CL0117 + 100uH 79.5mA

▲BACK TO TOP