roomx.jp

Room No.3

Hobby

IPEVO Ziggi-HD Plus USB書画カメラ - IPEVO Presenter : メニュー・設定編

2016.06.06

IPEVO Ziggi-HD Plus は接続したPCから IPEVO Presenter を通じて撮影関連の設定が可能となっています。

IPEVO社のオフィシャル・サイトからOS別に IPEVO Presenter がダウンロードできます。
※インストール方法はコチラのページを参照してください。

IPEVO Presenter のメニュー構成などの詳細な情報は、英語版のユーザー・マニュアルにも記載されていますので IPEVO Presenter と一緒にダウンロードされることをお薦めします。

IPEVO Presenter はWindows版とMac版が用意されていますが、双方のPresenterで動画撮影時の動作仕様が異なります。また、PCのハードウェア構成によってライブ映像のフレームレートが制限されます。詳しくIPEVOのオフィシャルサイトの Ziggi-HD Plus の製品ページで確認して下さい。

ここでは Windows版 Ver.5.1.1.4 を Windows 7 Pro (32bit) 上で動かし、各メニューのキャプチャ画面と備忘録的な補足を掲載していますが、 IPEVO Presenter のバージョンによっては本項の内容と差異がある点に留意して下さい。

Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 版 Ver.5.1.1.4の起動画面

IPEVO Presenter:起動画面

ウインドウサイズを除いて、前回終了時の設定のまま起動します。
起動時のウインドウサイズは、使用しているLCDディスプレイの解像度やアスペクト比に依存するのではないかなと…(※未確認)
ちなみに自分はマルチモニター環境でPCを使っていますが、どのモニターもアスペクト比が3:4のモノです。

IPEVO Presenter:起動画面

Presenter 起動時に Ziggi-HD Plus がPCに接続されていなければ、左下の【ビデオデバイスの選択】が無効となりウインドウ内にライブ映像も表示されません。

 


 

カメラ選択

IPEVO Presenter:カメラ選択

Presenter では最大で2台までのカメラをコントロール可能で、使用するカメラデバイスが指定できます。Presenterは画面分割機能や複数起動が可能となっていて各ウインドウでそれぞれ異なるカメラを指定することができます。(※後述)

詳細設定(画像調整)

IPEVO Presenter:詳細設定

明るさやコントラスト、ガンマ調整などPresenter内で表示されるリアルタイム映像(ライブ映像)の調整を行います。

静止画撮影

IPEVO Presenter:静止画撮影

【撮影】ボタンをクリックして静止画撮影を行います。

IPEVO Presenter:自動静止画撮影IPEVO Presenter:自動静止画撮影IPEVO Presenter:自動静止画撮影

【Auto】タブをクリックすると撮影間隔と枚数が設定できます。
設定後に【撮影】アイコンをクリックすると自動撮影が実行され、撮影された画像には連番が付けられてレビューモードでスライドショーのように再生することができます。(※後述)

動画撮影

IPEVO Presenter:動画撮影IPEVO Presenter:動画撮影

【動画】アイコンをクリックすると動画撮影が開始されます。録画が開始されると録画時間が表示され【動画】アイコンが【停止】アイコンに変化します。

IPEVO Presenter:動画撮影

Windows版Presenterでは、動画撮影の解像度は1280×720に固定されズームや回転などの機能は使えません。(※Mac版では1920×1440)

フリーズ(凍結)設定

IPEVO Presenter:設定固定

【フリーズ】アイコンをクリックすると解除されるまで現在の画像を表示し続けます。解除するには再度【フリーズ】アイコンをクリックします。

ディスプレイモード

IPEVO Presenter:ディスプレイモード

IPEVO Presenter:ディスプレイモードIPEVO Presenter:ディスプレイモードIPEVO Presenter:ディスプレイモード

【ディスプレイモード】アイコンをクリックするとガイドライン表示やメニューなどウインドウ内の表示方法が変更できます。より広いエリアでライブ映像を表示したい場合や構図を決める際に便利な機能です。

自動ピント調整

IPEVO Presenter:フォーカス調整IPEVO Presenter:フォーカス調整

【AF Continuous】アイコンをクリックすると自動でフォーカス(ピント)の調整が実行されます。

IPEVO Presenter:フォーカス調整

↑のGIF画像ではカクカクしていますが、実際にはもっとスムーズにフォーカスされます。(^^;

 

 

カメラモード関連メニュー

ズーム倍率設定

IPEVO Presenter:ズーム倍率設定

ライブ映像の撮影倍率を設定します。
最大でx12までズーム可能で指定した倍率で静止画の撮影が可能です。

左右・上下反転設定

IPEVO Presenter:左右反転設定IPEVO Presenter:上下反転設定

ライブ映像の左右・上下の反転を設定します。
カメラの設置位置が限定される場合でも、この機能により設置場所に捕らわれない映像が得られ設定した状態で静止画の撮影が可能です。

回転設定

IPEVO Presenter:回転設定IPEVO Presenter:回転設定IPEVO Presenter:回転設定

90°ピッチ以外にも任意の角度で回転角度(左・右)の指定が出来ます。
カメラの設置状態・位置や被写体に合わせて調整可能で、設定した状態で静止画の撮影が可能です。

解像度設定

IPEVO Presenter:解像度設定

ライブ映像・静止画撮影時の解像度を設定します。
最高解像度はWindows版、Mac版ともが 3264 x 2448 となり、指定した解像度で静止画の撮影が可能です。

ライブ映像も指定した解像度で撮影出来ますが、PCのスペックによっては30fpsでの表示が不可となる場合があります。※【録画】については先述の通りOSによっても最高解像度が異なります。

露出設定

IPEVO Presenter:露出設定

ライブ映像・静止画撮影時の露出値(AE値)を設定します。

IPEVO Presenter:露出設定IPEVO Presenter:露出設定IPEVO Presenter:露出設定

露出値はオートとマニュアルのどちらでも設定が可能です。

ホワイトバランス設定

IPEVO Presenter:ホワイトバランス設定

ライブ映像・静止画撮影時のホワイトバランスを設定します。

IPEVO Presenter:ホワイトバランス設定IPEVO Presenter:ホワイトバランス設定IPEVO Presenter:ホワイトバランス設定

ホワイトバランスはデジカメと同じくプリセット値が用意されており、オート(AWB)とマニュアルのどちらでも設定が可能です。

フォーカス設定(オート/マニュアル切替)

IPEVO Presenter:フォーカス設定IPEVO Presenter:フォーカス設定

ライブ映像・静止画撮影時のフォーカス(ピント)を設定します。
フォーカス調整は【AF Continuous】アイコンをクリックすることでも行えます。

 

 

ウインドウ動作関連

IPEVO Presenter:ウインドウ設定

右上のアイコンでPresenterウインドウの最大化、最小化(アイコン化)、マルチモードの指定が行えます。

マルチウインドウ

IPEVO Presenter:マルチウインドウ

IPEVO Presenter:マルチウインドウIPEVO Presenter:マルチウインドウIPEVO Presenter:マルチウインドウIPEVO Presenter:マルチウインドウ

2つのPresenterを同時に起動し、各ウインドウを個別の設定で使用できます。

IPEVO Presenter:マルチウインドウIPEVO Presenter:マルチウインドウIPEVO Presenter:マルチウインドウIPEVO Presenter:マルチウインドウ

カメラが1台の場合では設定可能な項目が限られますが、2台の Ziggi-HD Plus を使えば個別のウインドウを完全に独立した設定でコントロールできます。カメラが1台でもワイドディスプレイやマルチディスプレイ環境下では非常に便利に使える機能です

最大化

IPEVO Presenter:最大化

スクリーン全体にPresenterが表示されます。

 

 

レビューモード

全てのファイル形式(静止画/動画)

IPEVO Presenter:全てのファイル形式IPEVO Presenter:画像(静止画)IPEVO Presenter:動画

静止画・動画を日付別に一覧表示します。個別のファイルを選択すると拡大表示されます。

オート撮影画像

IPEVO Presenter:オート撮影画像IPEVO Presenter:オート撮影画像IPEVO Presenter:オート撮影画像

オート撮影された静止画をスライド表示します。
オート撮影された画像データは別のフォルダに振り分けられ、各ファイルには自動で連番が付与され管理されます。

アルバム

IPEVO Presenter:アルバム

アルバム機能は撮影日付別にまとめられたデータを閲覧できます。

 

 

スプリットモード

画面分割

IPEVO Presenter:画面分割

IPEVO Presenter:画面分割IPEVO Presenter:画面分割

スプリットモードでは1つのPresenterウインドウを上下・左右に2分割表示します。

IPEVO Presenter:画面分割

IPEVO Presenter:画面分割IPEVO Presenter:画面分割IPEVO Presenter:画面分割IPEVO Presenter:画面分割

IPEVO Presenter:画面分割IPEVO Presenter:画面分割IPEVO Presenter:画面分割IPEVO Presenter:画面分割

先のマルチモードとは異なり1つのウインドウ内の表示エリアを分割します。
1台のカメラでは個々の分割エリアに対して個別に設定可能な項目は《倍率》と《反転》に限られてしまいますが、全体像と部分拡大を同時に表示するなどの使い方ができます。変更した設定のままで静止画撮影も可能です。

 

 

追加設定

IPEVO Presenter:基本設定:【一般】

IPEVO Presenter:基本設定:【撮影】IPEVO Presenter:基本設定:【録画】IPEVO Presenter:基本設定:【About】IPEVO Presenter:基本設定:【ライセンス】

【設定】アイコンをクリックするとダイアログが表示され Ziggi-HD Plus についての追加設定やバージョン確認などが行えます。

 


 

以上、駆け足で IPEVO Presenter の機能・設定項目について見てきましたが、UI(ユーザー・インターフェイス)が直感的で判りやすく、非常に操作性の良いソフトウェアで Ziggi-HD Plus を徹底的に活用することができます。

始めて書画カメラを使う方はもちろんですが、写真やデジカメに詳しくない方でも簡単・快適に扱え、見慣れたPCの大画面で設定状態や撮影した映像やデータがタイムラグなしで映し出されるので病みつきになりそうです。

実際に操作してみないとこの操作性や利便性、快適さは伝わらないとは思いますが、この Presenter 有ってこその Ziggi-HD Plus …という印象を受けました。1台(もしくは2台)の Ziggi-HD Plus を簡単にコントロール可能なので書画カメラとしてだけではなく、ユーザーのアイデア次第で色々な用途で活用できると思います。

Copyright© roomX.jp All rights reserved.