roomx.jp

Room No.3

DIY

DREMEL 300-N/25

DREMEL(ドレメル)はアメリカの電動工具メーカーで国内ではBOSCH株式会社が販売。(2012/07現在)

電動ルーターシリーズの中級機である DREMEL 300-N/25 を入手したのでレビューなど…

オプションのアクセサリー(ルータービット等)が豊富で、純正ビットはネット通販の他、ある程度の規模のホムセンでも購入可能です。

一応、コレットと軸径が合えば、他メーカーの安価なビットも使用可能ですが故障や事故など、何かあっても自己責任という事になります。(標準付属のコレットはφ3.2mm用)

100V電源で使用する電動ルーターは 50Hz/60Hz の電源周波数毎に対応品が用意されている模様。

DREMEL 300-N/25

300シリーズはホビールーターというより、電動工具並の大きさと重量です。その分パワーは有るのですが、精密な作業ではやや使い辛いと感じます。

作業内容、加工対象のサイズにもよりますが、工具のパワーが有るので、材料を万力などでしっかり固定しないと事故の元となり、粗悪なビットを使ったりすると軸が回転トルクに耐えられず簡単に折れそうです。

DREMEL 300以外の電動ルーター製品を使った事は無いのですが、想像より先端の軸ブレが大きかったのが残念。特に高速回転になるに従ってブレが大きくなるのですが、コレは致し方ないのでしょうか…。(ちなみに自分の300は“Made in Mexco”)

細かい作業を行う場合は、先端を利き手でペンの様に持ち、もう一方の手でリアを支え、回転数を調整しながら本体をコントロールすると失敗が少ないと思います。

取扱説明書/クイックスタートブック

使いたかった“ダイヤモンドホイールポイント #7134”の軸径が2.4mmだったので、DREMEL 300に標準添付の軸径3.2mm対応コレットの他に、別売りの2.4mm (#481)を追加で購入しました。アクセサリーの軸径は、3.2mmと2.4mmが多いので、2.4mm対応コレットは重宝しそうです。ただ、他の1.6mmや0.8mmのアクセサリーを使う予定が有るならば、全サイズのコレットとチャックがセットになった #4485 を最初に買った方が安上がりです。(コレット単品に限らず、アクセサリー全般の価格が高めなのが残念…)

付属の取扱説明書は解り易く、初めてこの手の工具を使う人でも理解出来る様に書かれていると思います。(対象製品のHPからPDFをダウンロード可能)

加工対象の材質に対応したアクセサリー(ビットやホイール、ドリル等)を使う必要があるのですが、使用時の回転数と共に一覧でカタログ番号(品番)が掲載されているので、どのアクセサリーをどの回転数で使えば良いかが一目で解ります。

取説の他にDREMEL 300には、使用例を写真付きで解説したアクセサリーカタログ的な『クイックスタートブック』も付属しており、先の一覧と合わせて見るとアクセサリーの形状も確認できて便利です。ただし、眺めているだけで色々と試してみたくなり、使用頻度の低いアクセサリーまで買ってしまいそうになるのが難点ですネ…。(^^;

付属アクセサリー

一応、単純な作業ならば付属のアクセサリーだけでこなせると思いますが、対応可能な材質や回転数を取扱説明書の一覧で確認する事をお薦めします。

使ってみた率直な印象は、“良くも悪くもアメリカンなツール”です。

自分の様に鉄やステンレス、アルミの厚板などをガンガン加工するには良いのですが、ちょっとした研磨や切削をする用途ならもっと小型で軽く、回転数やトルクを抑えた製品の方が使い易いと思います。

教訓:大は小を兼ねない。

▲BACK TO TOP